肌と人生を明るくする。- ぬらブロ

独学でニキビを克服したアラサー男がニキビ改善のプロセスと人生を少しだけ良くするライフハック情報を発信するブログ

永作博美が消費者金融のCMに出演していることの恐怖

f:id:nurahikaru:20150425203421j:plain

どうも。借入デビューは詐欺、ぬらひかる(@hikaru_nura)です。

マジな話、僕は大学生の時にパチンコ攻略詐欺にあって約60万円の借金を背負いました。

詐欺師からの指示のもと、有名な消費者金融数社からお金を借りたのですが、学生で収入減はアルバイトの給料しかなかった僕に、平気で数十万円の借り入れを許可する辺り、当時の審査基準はガバガバだったのだと思います。

最終的に、家族の助けで借金は返済できたのですが、当時の印象もあって消費者金融には若干のトラウマを抱えています。

消費者金融の顔、永作博美!!

僕がトラウマを抱えているからなのか、消費者金融のテレビCMには無意識に目が行ってしまいます。

特に気になるのは、「はじめてのアコム♪」でお馴染みのアコムさんです。

イメージキャラクターは、永作博美さんが務めています。

永作さんと言えば、47歳(2018年7月現在)にして驚異の美貌を誇る女優さんです。

数年前から変わらない美しさを維持しています。現代風に言うなら「美魔女!」です。

同世代の女性からはもちろん、老若男女問わず好感度の高い女性だと思います。

 

このような、"好感度の高い人"が消費者金融のイメージキャラクターを務めている現状、僕は少しだけ怖く感じます。

 

信頼できるとはいえ金貸しである

テレビCMを打ち出している消費者金融であれば、ある程度は信頼をおけると思います。

返済が滞ると、怖いお兄ちゃんたちが家に着て玄関の戸を叩き、「○○さん! いるんでしょ!」と叫び散らすような業者でないことはわかります。

しかし、「お金を貸している」という意味では全く同じです。

審査がちゃんとしているから大丈夫! との声もありますが、借金は人が命を落とすことにも繋がる大きな問題です。

「どーしても!」というなら仕方ないですし、「ちゃんと返済できる保証がある」と言うなら構いませんが、安易な気持ちで借り入れて良いものではないと思うんです。

それなのに、消費者金融は高感度の高い芸能人で、借り入れの手軽さやハードルの低さをアピールしています。

菜々緒さん、中川翔子さん、小野真弓さん…チワワブームも消費者金融のCMが火付け役でしたよね。最近では前田敦子さんもアコムのイメージモデルを務めています。

アイドルやタレントさんを使って印象的なCMを発信している消費者金融ですけど、やっていることは「金貸し」であって、借金作りを促しているという事実を見逃してはいけない気がします。

 

借り入れは安易にするものではない

世の中の50%くらいは借金をしている、もしくは借金の経験があるそうです。

家や車のローンも、借金ですよね。

奨学金だって立派な借金です。

人は、思っている以上にお金を借りているのかもしれません。

しかし、それが当たり前になってはいけないと思います。

借金は、バランスを崩せば人間の心や体を簡単に壊すものだからです。

 

もちろん、借り入れ自体を否定する気はありません。

「ご利用は計画的に」なんて言いますが、その通りだと思います。

ただ、僕が言いたいのは、好感度の高いタレントさんを利用して、安易に借り入れられるようなアピールをしている消費者金融のCMに怖さを感じるということです。

 

少し生活が苦しいから、といって学生が借金をする。

僕のように、ギャンブルがキッカケで借金をする。

最初は軽い気持ちだったのに、最終的には大きな借金問題に発展することもあります。

CMの明るさに惑わされて安易に借りて良いものではないはずです。

 

消費者金融のCMに出演するデメリットは?

僕と同じように、消費者金融のCMに違和感を持つ人は多いそうです。

消費者金融のCMに出演されているアイドルやタレントさんの好感度が下がっているという話もあります。

それでも近年は、人気アイドルなどが平気で消費者金融のCMに出演しているので、そこまでマイナスイメージはないのかもしれません。

ちなみに、消費者金融CMのギャラはかなり高いと聞きます。

多少の好感度低下はあっても、得られる報酬を考えたら出演するメリットの方が大きいかもしれないですね。

僕の好きなアイドルや女優さんには、できれば出演してほしくないと思ってしまいます。

 

まとめ

僕がこのブログ記事で言いたいことは、いくら消費者金融とは言え安易な気持ちで借り入れてはいけない、ということです。

借金に苦しんで、追いつめられる人、命を落とす人は確実にいます。

この事実を、好感度の高いタレントさんやコミカルな内容で隠して、借金のハードルを下げ続けるのが消費者金融のCMです。

勘違いをしないようにしましょう。

画面から笑いかけている女性は何の宣伝をしているのか?

「借金」「金貸し」です。

ご利用は計画的に…いや、慎重に。