肌と人生を明るくする。- ぬらブロ

独学でニキビを克服したアラサー男がニキビ改善のプロセスと人生を少しだけ良くするライフハック情報を発信するブログ

ダイエットに成功して気が付いた「楽して痩せる」に必要な5つのコト

f:id:nurahikaru:20181016193057j:plain

 

本格的なダイエットの経験はなかったのですが、30歳が近づいてきた頃から『ポッコリお腹』が気になりだし、ここ数か月で人生初のダイエットに挑戦しています。

実際に経験してみると色々と気が付くことがあったので、この記事では『ダイエットをしてみて気が付いたこと』をまとめてみたいと思います。

 

この記事を読んでほしい人

 

  • ダイエットに興味のある人
  • 出来るだけ楽して痩せたいと思っている人
  • ダイエットに失敗し続けている人
  • カッコイイ身体を目指したい人

 

勘違いNG!ダイエットの本当の意味は?

「ダイエット」という言葉には、「規定食」という意味があるようです。

健康や肥満防止のために食事を制限することです。

日本では、『ダイエット=減量』と連想する人が多いように感じます。体重計の数字ばかり気にして一喜一憂している人が多いですよね。

中には体重を落とす為に「絶食」する人もいるくらいです。これではダイエット本来の目的でもある「健康」とはかけ離れていくばかりですよね。こうなってしまう理由も、『ダイエット=減量』というイメージが強いからだと思います。

まずは、ダイエットの意味をしっかり理解することが大事だと感じました。

 

「筋トレは痩せる」の本当の理由

「ダイエットするなら筋トレがおすすめ」

という言葉をよく聞きますが、勘違いしている人が多くいるように思います。

 

「筋トレ=脂肪燃焼」は間違いなんです。

 

筋トレをすれば確かにエネルギーを消費しますが、大きな脂肪燃焼効果はありません。

基本的に脂肪を燃焼させるには基礎代謝が重要で、『筋トレをして筋肉を増やせば基礎代謝が上がって痩せやすくなる』というのが正しい認識です。

「ダイエットにはスクワット!」とも良くいますが、スクワットをすることでお尻や太ももなどの大きい筋肉を鍛えられるので必然的に筋肉量があがり基礎代謝が良くなることが理由です。

特に女性は筋トレを避ける傾向にありますが、長時間の有酸素運動をするより週に2回くらい筋トレを頑張った方が痩せやすくリバウンドしにくい体になれますね。

 

運動よりも食事制限が大事!!

私も以前までは、「ガンガン運動すれば勝手に体は引き締まる」と思っていました。

確かにこれは間違いではなくて、活動量が増えれば消費カロリーも増えますから痩せることは事実でしょう。

しかし、たくさん運動することは面倒ですし時間も必要ですよね。「食べた分だけ動けばええんや!!」なんて言いますけど、どれだけ動いたらいいか理解してる? って話です(笑)

 

僕は現在、リーンゲインズと言うプチ断食を実践しているのですが、これを始めてからお腹周りの脂肪が明らかに減ってきました。ランニングをしようが、腹筋ローラーで鍛えようが取れなかった脂肪が数週間で目に見えて減ってきたんです。しかも、運動や筋トレの量は以前よりも減りました。

ダイエットに重要なのは、運動よりも食事制限なのだと強く実感しています。もちろん、ある程度の運動(特に筋トレ)は絶対にした方が良いですが、食事を管理しなければ理想の体になることは難しいでしょうね。

 

 

「制限」は量よりも時間

「糖質制限」とか「カロリー制限」とか、私には少し難しく感じます。

何に糖質が入っているか理解しなければいけないですし、カロリーも把握しなければなりません。知識も必要だし、手間もかかるわけです。面倒くさい・・・

 

そこで私が実践しているのは、『リーンゲインズ』と呼ばれるプチ断食です。

やり方は凄く簡単で、『1日のうち16時間は断食する。8時間は気にせず食べる』だけ。

16時間は寝ている時間も含まれるので、基本的には朝食を抜けば達成することができます。8時間の間は何を食べても良いので、難しいことを考える必要もありません。

もちろん、暴飲暴食はしませんしラーメンやお菓子などはできるだけ食べないようにしていますが、糖質やカロリーを気にするよりも圧倒的に楽だと思います。

 

私はこれで大きな成果を感じているので、「食事制限は『量』ではなく『時間』を意識すべきではないか?」と思うのです。太っている人って小まめに何かを食べていますよね。メリハリのある体はメリハリのある食事時間が作るのではないでしょうか。

 

腹筋が割れても格好良い体にはならない

リーンゲインズの効果もあって、お腹の脂肪が落ちてきました。腹筋もうっすらと割れて見えるようになり、「念願のバキバキ腹筋が近づいてきた!!」と喜んだのですが、鏡に映る自分の体はどうみても貧相なんですよね。

原因は、肩と胸の筋肉が小さすぎることなのだと思います。「カッコイイ身体をつくろう!」と思ったら肩と胸を鍛えることはどうやら必須のようです。

腹筋を割ればイケてる体になれると思っていた自分を恥じました(笑)

胸の筋肉は女子ウケも良いそうなので、あって損はないですね。

カッコイイ身体を作りたいと考えるなら、肩回りや胸を重点的に鍛えておくのが良さそうです。

 

まとめ

大切なポイントだけしっかり意識していれば、ダイエットは成功するものだと思います。結局、『上手くいかない人』というのは知識不足なんですよね。ポイントがわかっていないから、無駄なことが多くなってしまい、結果として面倒になってしまいます。

 

私のような素人の知識は、専門家に言わせればめちゃくちゃ基本的なことだと思うのですが、こういった基本をしっかりおさえていれば効率よくダイエットをすすめることができると思います。

世の中にあふれているダイエット法をあれこれ試す前に、基本的な知識を頭に入れておきたいものですね。