数学は中二で卒業しました

ぬらひかるのブログ、略してぬらブロ

nurablo

最短2分!ブヨブヨお腹に試してほしい、腹筋トレーニング動画おすすめ4選

f:id:nurahikaru:20190720184802j:plain
日本全国のブヨブヨお腹さん!

腹筋を鍛えるならYouTube上にある腹筋トレーニング動画を見て行いましょう!

特に、回数ではなく時間で区切るタイプのものがおすすめです。

なぜなら…

 

  • 短い時間でできる
  • 時間で区切るのでダラけることがない
  • 回数を気にしないので筋肉や呼吸に意識を向けやすい
  • 腹筋全体を満遍なく鍛えることができる
  • 動画内の解説があるので正しいフォームがわかりやすい

 

要するに、隙間時間で簡単にデキるわりに効果的ということです。

この記事では、僕が実際に行い、「これ良いな!」と思っているトレーニングを難易度別に紹介します。

自身のレベルや、その日の気分に合わせて動画を選んでみてください。

 

難易度別!おすすめ腹筋トレーニング動画4選

f:id:nurahikaru:20190720185101j:plain

 

難易度★(約2分)

たった2分間の腹筋トレーニング動画です。

カップラーメンを待っている時間、テレビCMの間など、隙間時間にできます。

「短すぎたら効果は薄いんじゃないの?」と侮ることなかれ、休憩を挟まないのでかなり追い込むことができます。

特に60秒~100秒は、かなりキツいです。僕もいまだに変な声が出るほどキツいです。

初心者の方は、辛くなったら1秒だけ休んで再開する、というやり方がおすすめです。最初から完璧にこなす必要はありません。休みながらでも良いので、毎日続けましょう。必ず結果はついてきます。

僕はどんな日でも、最低これだけはやるようにしています。

 

難易度★★(約2分30秒)

上の動画を毎日やるとして、気分を変えたいときはこの動画がおすすめです。

休憩時間が長くテンポが悪いですが…とても丁寧に解説をしてくれるので筋肉を意識しながらトレーニングができます。使っている筋肉を意識することは、筋トレの効率をアップさせる意味でも非常に重要です。

4種目を30秒間ずつ行い、腹筋全体をバランスよく鍛えることができます。

慣れてきたら、自分で時間を測ってやりたいですね。(30秒+10秒休憩)

 

難易度★★★(約8分)

休憩時間を含めると約8分の動画です。

45秒×6セットで腹筋全体を鍛えるメニューになります。

1セットの時間が45秒と長いので、キツさは先に紹介した動画よりも上です。

時間もかかりますし、気が向いた時にやることをおすすめします。

特に終盤は腹筋がかなり追い込まれます。僕はまだ、最後まで完璧にデキたことがありません。現状の目標は、このメニューを完璧にこなせるようになることですね。

本当に、ラストの足上げは45秒も出来る気がしません……笑

 

難易度★★★★(6分)

「今日はやるぞ!」と思ったときはこの動画。

いや、マジでキツい…

女性向けだと思ってやってみたら酷い目にあいました……笑

12種目×30秒で、インナーマッスルを中心にかなり鍛えることができます。

休憩は挟みません。

「本気でお腹周りを変えたい!」と思うのなら、週1くらいで挑戦して欲しいですね。完璧にできなくても構いません。動画を止めて、休みながらでも良いです。

もし毎日コレを続けたら、お腹はかなり引き締まるのではないかと思います。

僕はモチベーションの高いときでなければやりません。

 

継続のコツ

トレーニングを始めても継続が出来ない……

という人に、継続し習慣化するアドバイスをしておきたいと思います。

 

  • 習慣のハードルをできるだけ下げる
  • 既に習慣化していることの前後に実行する
  • 継続を記録する

 

トレーニングのハードルを下げる

トレーニングを継続できない人がやりがちな失敗があります。

いきなり難易度の高いトレーニングを続けようとしてしまうことです。

例えば、腕立て伏せを毎日しようと思ったら、「今日から毎日100回!」と大きい目標を立ててしまいます。これだと、数日は続いても、途中で面倒になってしまうことは想像できますよね。

人間は、面倒なこと、しんどいことを出来るだけ避けたい生き物ですから当然です。

継続をするために、まずは、できるだけトレーニングのハードルを下げましょう。

「面倒だな」「しんどいな」と思わないレベルまで下げます。

腕立て伏せの例で言うなら、「1日1回」ここまで下げます。

極端にハードルを下げて、とにかく毎日続けましょう。

もちろん、本当に1回だけで終わらせる必要はありません。普通、1回やったらもう数回やる気になれます。気分が良ければ100回やってもいいし、50回でも良いです。

とにかく、眠かろうが何だろうが1回だけはかならず行うと約束してください。

この小さい習慣を続けていくことで、毎日のトレーニングすることに脳が慣れてきます。そうすれば継続することも難しくなくなっていきます。

 

既にある習慣の前後に行う

漠然と「今日はトレーニングをする」と決意しても、他の事をしているうちに時間が過ぎてしまって結局やらなくなってしまうことってありませんか?

継続をする為には、かならずトレーニングをする時間を決めましょう。

食事、歯磨き、お風呂など、元から習慣として定着していることの前後に行うとトレーニングも習慣化しやすくなります。

 

継続を記録する

シンプルですが、毎日の経過を記録すると続けることに対するモチベーションがあがります。

継続が可視化されることで達成感を味わうことができるからです。

スマホのアプリで記録するのも良いですが、僕は壁掛けのカレンダーに記録することをおすすめします。なぜなら、スマホだとチェックを忘れてしまったり、チェックをしようとしてスマホを開いたのに他の事(通知やSNSなど)に気を取られてしまって時間を無駄にすることが多いからです。

目に入りやすい壁掛けのカレンダーに、自分の継続を記録していきましょう。カレンダーがマークで埋まっていくと自己肯定感も高まり、精神的にも良い影響を与えます。