ぬらブロ|楽に生きたいだけ

楽を生きるために「楽」を追求する情報ブログ

nurablo

『肌断食』に必要な6つの道具とは?

f:id:nurahikaru:20190611163818j:plain

「肌断食は水で顔を洗うだけだから楽チン」

なんて思っていませんか?

特別な道具は必要ないし面倒な手間も無い、他と比べて手軽な美容法であることは間違いありません。

ただ、もし徹底的に肌断食をやろうと思うのなら、揃えなければいけない道具は意外と多いんです。

この記事では、代表的な肌断食法である『宇津木式スキンケア』の考案者、宇津木龍一先生の著書『化粧品を使わず美肌になる!』を参考に、肌断食をやるなら揃えておきたいアイテムをまとめました。

 

 

肌断食の使用アイテム

f:id:nurahikaru:20190607145451j:plain

教科書(本)

f:id:nurahikaru:20190605164211j:plain

肌断食の指針となる書籍は、必ず購入してください。

美容サイトやブログの情報は、補助的な役割として利用するべきです。

というのも、ネット上には肌断食の情報が多すぎて何が本当か分かりません。「水の温度は40℃」と書いているサイトもあれば「25℃」と書いているブログもあります。(宇津木式では33℃以下を推奨)

色々な人の肌断食方法をごちゃ混ぜにして紹介している人もいますし、我流の方法を王道のように紹介する人もいます。

1つ1つ真に受けていたら、やり方はブレ、混乱するばかりです。

まずは1本、絶対的な軸を作る意味でも書籍を購入してください。書かれている内容を基礎として肌断食を進めましょう。

有名なのは、宇津木先生の『「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―』です。僕の購入した『化粧品を使わず美肌になる!』はイラストが多いので短時間で読むことが出来ます。

 

【その他の代表的な肌断食本】

純石鹸(洗顔用)

f:id:nurahikaru:20190607145518j:plain

まず、購入してほしいのが『純石鹸』です。

宇津木式スキンケアで唯一、洗顔に使用して良いとされています。

メイクは純石鹸で落とせるものを使用してください。(「肌断食ではメイクができない!」と言っている美容サイトがありますが大嘘ですね)

僕は『無添加 泡の洗顔せっけん』をおすすめします。

1プッシュで泡が出るので楽だということ。衛生面を気にしながら管理する必要がないということ。この2点が理由です。

特に、メイクをしない人のは石鹸を使う機会がほとんどないので、棚の奥で放置されていても大丈夫な物を選んでください。

基本的には水洗顔なので「油汚れが顔につくことは絶対にない」という人は購入する必要はありません。

 

ワセリン

f:id:nurahikaru:20190607145533j:plain

宇津木式スキンケアで唯一、使用していい保湿剤がワセリンです。

これは必ず購入してください。薬局に行けば間違いなく売っています。

唇や手にも使えるので、持っていて損はありません。

写真は違いますが、宇津木式では『日本薬局方 白色ワセリン』をおすすめしています。肌の状態が悪い人には『サンホワイト』がおすすめです。

 

純石鹸(洗濯用)

無添加 お肌のための洗濯用 液体せっけん 1.2L

一般的な合成洗剤や柔軟剤には界面活性剤が含まれています。

タオル、衣類、布団などに界面活性剤が残っていると、肌バリアを壊しトラブルの原因になります。

肌断食で洗顔料や化粧品を使わない理由は、界面活性剤が含まれているからです。

「スキンケアをやめるだけ」と思われている肌断食ですが、肌に触れる物すべてに気をつかう必要があります。

合成洗剤を使用せず純石鹸を使う。柔軟剤は使用しない

美容サイト等ではあまり触れられていませんが、めちゃくちゃ大切です。

 

無漂白のキッチンペーパーなど

f:id:nurahikaru:20190607145549j:plain

家族と一緒に暮らしていると、洗剤を変えてもらったり柔軟剤の使用を止めてもらうのは難しいかもしれません。各々こだわりもありますからね。

そこでおすすめなのが、無漂白のティッシュ、キッチンペーパー、ペーパータオルなどです。

顔を拭く目的ならコレで充分。使い捨てなのでタオルよりも清潔です。

一般的なティッシュには漂白剤が使われているので、絶対に無漂白を購入しましょう。

個人的な体験談ですが、ティッシュで顔を拭いたり鼻をかんだりすると絶対に肌が荒れます。「なんでかな?」と不思議だったのですが、漂白剤が原因だった可能性が高いですね。

無漂白のペーパータオル(写真)で顔を拭くようになったら、タオルやティッシュで感じたピリピリした痛みや長時間続くツッパリ感が和らぎました。界面活性剤や漂白剤の悪影響はバカにできません。

本当は洗剤を変えてもらうことが理想ですが、難しい方は無漂白のティッシュ等を購入してください。無印良品にも売ってます!!(顔に使うならキッチンペーパーが最適かも!)

 

石鹸シャンプー 

f:id:nurahikaru:20190306164105j:plain

「なんでシャンプー?」と思うかもしれませんが、洗い流すときに顔や体を伝っていくシャンプーは頭皮以外にも大きな悪影響を及ぼします。

洗顔料や合成洗剤と同じく、一般的なシャンプーにも界面活性剤が含まれているからです。

理想はシャンプーを使わない湯シャンですが、難易度が高いので『石鹸シャンプー』での洗髪を推奨します。髪がゴワゴワするので専用のリンスも必要です。

肌断食をしておきながら、シャンプーにこだわっていない人って意外と多いんですよね。いくら洗顔料や化粧品を避けても、シャンプーのすすぎが顔に掛かってしまったらすべてが水の泡です。こだわりたいですね。

ちなみに僕は、完全に湯シャンにしました。やり方は以下の記事に書いていますので、気になる方は読んでみてください。

 

肌断食は徹底的にやるべき!

上記で紹介した以外にも、質が良くて柔らかいタオルを使う、シャワーヘッドを変える、など色々な部分にこだわることが出来ます。

肌断食を成功させるコツがあるとするならば、徹底的にやることです。「水で洗顔してハイ終了」ではありません。中途半端に洗顔料や化粧品を避けるだけでは、絶対に失敗します。

界面活性剤や防腐剤など、肌にとってネガティブな成分を徹底的に避ける。肌にダメージを与えない。コレが重要です。(摩擦なども厳禁です)

失敗経験者のブログを見ていると、タオルやシャンプーにまで気をつかっているようには見えないんですよね。肌断食の本質を理解していません。「スキンケアをしなければ良い」と中途半端な行動をした結果が、肌トラブルの拡大に繋がっていると思います。

書籍を買って読んでいない人も多いです。提唱者の考えをしっかりと理解してから実践しましょう。ネットの情報は穴が多いので、この記事をお読みのあなたは肌断食関連の本を絶対に1冊は購入してください。僕のおすすめは『化粧品を使わず美肌になる!』です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。あなたの肌断食ライフの参考になれれば幸いです。この記事が良いなと思ったら拡散・シェアを、ご意見ご感想はコメントかTwitterまでお願いします。