数学は中二で卒業しました

ぬらひかるのブログ、略してぬらブロ

nurablo

雨の日に花粉症が悪化する人いる? 原因は気圧の低下かも…

f:id:nurahikaru:20190307210152j:plain

中学生の頃から花粉症に悩まされてきたのですが、ここ数年、妙な現象が起きています。

 

雨の日に症状が悪化する 

 

本来、雨の日は花粉症の症状が和らぎます。宙を舞っていた花粉が、雨や湿気によって地面に落ちていくからです。ところが、僕の場合は全くの逆。雨の日ほど症状が悪化します。

雨の日も花粉症が酷いのではなく、雨の日だけ花粉症が悪化するんです!!

この特異体質はいったいなんなのでしょうか?

同じような症状の方、いらっしゃいますか?

 

 

雨の日に花粉の量が少ないのは事実

大前提として、雨の日に花粉症の症状が和らぐのは事実なようです。前述したとおり、雨や湿気によって花粉の飛散は抑えられます。

「実は雨の日の方が花粉の飛散量は多かった!!」という驚きの事実はなさそうですね。

降り始めだけ、上空を舞っていた花粉が人間の高さにまで落ちてくるので花粉を吸い込みやすくはなりますが、一時的なものにすぎません。雨が降った翌日が晴れの場合、地面に落ちた花粉が風によって舞い上がるので花粉の量は体感で倍以上になります。

雨の日は花粉症の症状が和らぎ、雨の直前と雨の翌日は症状が悪化するのが一般的な花粉症です。

 

なぜ雨の日に症状が悪化?

雨の日に花粉症が悪化する現象についてハッキリとした情報は多くありませんでした。

数少ない情報の中から、仮説として考えられるのは以下の2つです。

 

アレルギー症状を起こすヒスタミンが原因

雨が降ると気圧が下がります。

気圧の低下が刺激となり、人間の体はヒスタミンという体内物資を多く分泌し始めます。

過剰に分泌されたヒスタミンは花粉症などのアレルギー症状の原因となるそうです。

雨が降れば花粉の量は減りますが、気圧の低下及びヒスタミンの分泌によって花粉に反応しやすい状態になるということですね。

※気圧の低下によるヒスタミンの過剰分泌に関しては、詳しいことが説明されていないそうなので参考程度に。

 

参考:花粉症が雨の日にひどい理由

 

副交感神経が有利になると花粉症悪化

アレルギー疾患は、リラックスしている(副交感神経優位)状態ほど悪化します。

寝る直前になると花粉症が悪化したり、体調が悪くなったりしますよね。

気圧が低下すると、人間の体は「活動に適さない環境」と判断して副交感神経が過剰に働き、休息とエネルギー蓄積状態へ移行しようとします。

これにより、雨の日に花粉症が悪化してしまいます。

 

対策としては、交感神経を優位にする努力をすることです。

運動をするなどして元気に過ごすのが良いですね。

思えば、筋トレや食事の後は花粉症の症状が落ち着く気がします。

 

参考:雨の日ほど「花粉症」悪化…医学博士が気圧との関係指摘|日刊ゲンダイヘルスケア

 

まとめ

 

雨の日に花粉症が悪化する理由

  • 気圧の低下によってヒスタミンが過剰に分泌しアレルギー疾患の原因になる。
  • 副交感神経が優位になることもアレルギー反応が起こりやすくなる原因。

 

雨の日の花粉症対策

  • 運動をするなどして交感神経優位の状態を作る。
  • 雨の日だろうと室内だろうとマスクを着用する

 

 

正直、雨の日に花粉症が悪化する原因が分かったところで対策はほとんど無いとしかいえません。一般的な花粉症対策を、雨の日も徹底するしかありませんね。

ちなみにですが、現代のマスクのほとんどが99%花粉をカットできるそうです。

一番オーソドックスな花粉症対策は、最強の花粉症対策でもあるんですね。

花粉症は辛いですが、色々と対策を施しながら一緒に乗り越えていきましょう!