ぬらブロ|ミニマリズムで最幸を目指す

ミニマリズムを駆使して人生で最も幸せなとき(最幸)を目指す新米ミニマリストのブログ

KUDARAN

【iPad 2018 第6世代】容量は32GBで足りる?2ヶ月使用の感想(レビュー)

f:id:nurahikaru:20190411173403p:plain

最新のiPad AirやiPad miniが発表される約1ヶ月前、『iPad 2018 9.7インチ 32GB Wi-Fiモデル』を購入しました。俗にいう『無印』のiPadです。現在販売されているiPadの中では最安値(37,800円)になります。

このiPadを購入したことを周囲に伝えると、否定的な意見をいくつか貰いました。

 

「さすがに32GBは少なすぎるwww」

「目先の安さに騙されやがったwww」

 

多くは32GBという小さいストレージ容量に対する反応です。

近年のアップル製品が最小でも64GBのストレージ容量であることを考えれば、32GBが少ないと感じるのは自然なことかもしれません。

しかし、結論から言いますと、僕は32GBという容量に充分満足しています。

この記事では、「32GBのストレージ容量は少なすぎる!」という意見に反論しつつ、約2か月間使用したiPad 2018についてレビューしていきます。

 

 

圧倒的なコストパフォーマンスを誇る

f:id:nurahikaru:20190411173832j:plain

人生初のiPad

現在、AppleStoreで販売されているiPadシリーズにおいて、この端末は最強のコストパフォーマンスを誇ります。僕が購入したWi-Fiモデルは37,800円です。

 

「いや、安いのは分かってるんだよ。でも、安いからにはそれなりに欠点があるんじゃないの?」

 

と心配に感じる人もいると思います。ストレージ容量が32GBと小さい、Wi-FiモデルなのでWi-Fi環境がないところでネットに接続できない。僕が使用した2か月間で、この2つ以外の目立った欠点は見つけることができませんでした。

アプリの起動が遅い・重い・反応が鈍い…という問題は皆無です。ゲーム(PUBG mobile)もストレスなく動作します。(※PUBGは2018年4月のアップデートからスムーズな動作ができなくなってきました)

長時間の動画を編集する、繊細なイラストを描く、などの用途であれば若干の不便さはあるかもしれませんが、動画を見る、電子書籍を読む、などエンターテインメントを楽しむには充分なスペックと言えます。

 

32GBで容量は足りる!

さて、この記事で最もお伝えしたい32GBという小さいストレージ容量のお話です。

結論から言いますと、ストレージ容量は32GBで充分に足ります。

iPad 2018には32GBと128GBが存在し価格は約1万円違うのですが、コストパフォーマンスがこの端末最大の長所と思いますので、1万円を上乗せして128GBを購入するくらいなら別の端末を検討するべきだと思います。

「少しでも購入価格を抑えたい」と考えている方は32GBを購入するべきです。

 

f:id:nurahikaru:20190411174222p:plain

 

画像は僕のiPadのストレージ容量です。使うアプリは一通りインストールした状態で、約半分の容量を使用しています。iOSの容量が約7GBありますので、実質10GBしか使っていません。

主な用途は以下のような感じ。

 

  • ゲーム(PUBG mobile、パズドラ)
  • 動画鑑賞(YouTube、AmazonPrimeVideo、AbemaTV、DAZN)
  • 読書(kindle、dマガジン)
  • ブログ更新(はてなブログ公式アプリ)
  • 画像編集(Canva)
  • 動画編集(iMove、Quik)
  • ライブ配信(ツイキャス、Mirrativ)
  • ネットサーフィン(Google Chrome)

 

32GBという小さい容量ですので使わないアプリは意識して断捨離しています。ある程度の取捨選択ができるのであれば、小さいストレージ容量でも充分に管理できると感じますね。

 

32GBでは足りなくなる使い方と対策

 

f:id:nurahikaru:20190411174351p:plain

意外と大きいiOSの容量…

32GBのストレージ容量では足りなくなってしまう使い方をいくつか紹介します。

逆に言えば、このような使い方さえしなければ大きいストレージ容量の端末を購入する必要はないように思います。 

 

多くのゲームをインストールする

ゲームの使用容量は非常に大きいです。

無料でも3GB以上するゲームは珍しくありません。有料であればもっと大きな容量を使用します。「複数のゲームを楽しむ」という人であれば、間違いなく32GBでは足りないでしょう。

ただし、複数のゲームを現在進行形でプレイしている人は少ないと思います。『やらないゲームは消す』ということを徹底できるのであれば、32GBの容量でも問題ないかもしれません。

※iPad第6世代は最新の性能ではないので、複雑なゲームをプレイするなら最新端末の購入がおすすめです。

 

オフラインで読書・映画を楽しむ

32GBのiPadの購入に対して否定的な意見を述べた方の1人は、「漫画をダウンロードしていたら、簡単に容量が無くなった」と語っていました。

僕は雑誌を読むことをiPadの用途に含んでいたので、「すぐ一杯になるよ」と忠告をされました。

 

しかし、この問題の解決方法はシンプルです。

ダウンロードしなければいい、もしくは必要なモノだけダウンロードすればいいのです。

雑誌は『dマガジン』を使ってオンラインで読んでいますし、kindleは読む本だけをダウンロードして読み終えたら端末から削除すれば問題ありません。当然、アカウントには残るのでまた必要になれば再ダウンロードすればいい話です。

映画などにも同じことが言えます。基本はストリーミングで楽しみ、必要な時だけダウンロードをすればいい。

まったく問題はありません。知り合いは何百冊という漫画をダウンロードしているそうですが、そんな頻繁に読むのでしょうか?

 

写真や動画を撮って保存する

iPhoneのストレージ容量を圧迫する大きな要因は、写真・動画(特に動画)です。

思い出になるような写真や動画はなかなか消しにくいのが現状でしょう。

iPadでも写真・動画撮影をする場合は容量不足に陥ることがあるかもしれません。

 

しかし、この問題も解決は容易です。

例えば、『Googleフォト』を使えば無料で写真や動画を保存することができます。

バックアップが取れる上に、様々な端末から思い出を視聴することができます。

iPadやスマホの中だけに保存しておいても容量を圧迫するだけですし、何かのトラブルでデータが消えてしまえば全て無かったことになってしまいます。

Googleフォトに保存しておけば、便利と安全が同時に手に入るわけです。

他にも、iCloudの有料プランを使うという手もあります。

50GBで130円、200GBで400円、1TBで1,300円、2TBで2,500円という価格設定です。

高いと感じるかどうかは個人の価値観によりますが、数万円を上乗せして大きいストレージ容量の端末を購入するより、月々130~400円を支払ってバックアップを残しながら端末の容量も節約する方が賢いと思います。

 

iPad 2018 32GB を購入すべき人は?

f:id:nurahikaru:20190411174844j:plain

 

用途が限定的である人

「スマホよりも大画面で動画を見たい!」「雑誌・漫画を電子書籍で読みたい!」などの明確な目的がある人は、iPad 2018 32GBのiPadを購入しても問題ないでしょう。

使い方を限定的にし、必要のないアプリやデータはインストールしない及び削除することが重要です。用途が明確であれば取捨選択も容易になります。

「何となくiPadが欲しい」「色々なことがしてみたい! 」と思っているのなら、増えていく用途に対応できるよう最新の端末の購入をおすすめします。

 

購入金額を抑えたい

もちろん、コスパに拘りたい人もおすすめです。

「今、とにかくiPadが欲しいけれどお金がない!」という学生さんは購入して良いかもしれません。

ただ、最新のアプリゲームを楽しみたいと思っているのなら少し無理してでも最新端末の購入をおすすめします。

 

スマホの使用容量が少ない人

スマホのストレージ容量を確認して、使用容量が少ない場合には32GBのiPadの購入を考えて良いでしょう。

僕の場合は、3年以上使っているiPhone6Sでも20GBしか使用していませんでした。

スマホよりも使用アプリが少なくなる傾向にあるiPadがスマホのストレージ容量を越えるとは考えにくいです。

 

結論:「iPad2018 32GB」はおすすめ!!

f:id:nurahikaru:20190411175408j:plain

iPad 2018 9.7インチ 32GB Wi-Fiモデル』はおすすめできるかどうか?

僕の結論は、問題なくおすすめです。

よく読ませてもらっているブログでもiPad2018はおすすめしていました。

 

【2019年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます | Apple信者1億人創出計画

 

32GBというストレージ容量の小ささも、少し気にしてあげれば全く問題になりません。

iPadを何に使いたいのか? どのように使うのか? を明確にすれば、どの程度のスペックやストレージ容量を使用すべきかが見えてきます。

持て余すほどのスペックを購入して一時的な満足感に浸るのもアリですが、自分に必要な端末を見極めて、浮いたお金をケースやフィルムなど大切に使うためのアクセサリに使用するのも良いのではないかと思います。

少なくとも僕は、2019年現在、iPad2018 32GB Wi-Fiモデルを購入して良かったと思っています。