ぬらブロ|楽に生きたいだけ

楽を生きるために「楽」を追求する情報ブログ

nurablo

歌が上手くなる!?カラオケを楽しむためのストレッチを紹介!

f:id:nurahikaru:20150508012357j:plain

この記事では、僕がカラオケの前に実践している簡単なストレッチにを紹介したいと思います。

大前提として、「歌が劇的に上手くなる」ためのストレッチではないということをご理解ください。あくまで、少しでも声量が出せるように楽に歌えるように最後まで楽しく歌えるように、するためのストレッチです!

肺と肩甲骨のストレッチ

重要なのは、呼吸するために必要な臓器「」と、それを守っている「肩甲骨」。肩甲骨と肺が密着してしまっていると、深い呼吸ができなくなるため、なかなか声量が上がらない。 

参考:3ステップで歌が劇的にうまくなる!簡単カラオケ上達法 - ウレぴあ総研

 

肺と肩甲骨の周りをほぐして肺に空気がたっぷり入るようにしてあげるストレッチです。画像付きで解説しますね。

 

1.手の指先を肩にちょこんと乗せます。

 

f:id:nurahikaru:20150508012436j:plain

 

こんな感じ。

あとは、肘で円を描くようにグルグルと回します。前回し後ろ回し、反対の腕でも行ってください。

 

f:id:nurahikaru:20150508012449j:plain

 

やってみると肺へ空気が入ってくる感覚を味わうことができます。

僕はこのストレッチを以前から知っていたのでカラオケで歌う前に必ず行っていたのですが、やるのとやらないのでは声の出が違ってきます。特に1曲目は声が出にくkあったのですが、このストレッチを取り入れてからは最初から声が出るようになりました。

「今日は声の出が悪いな…」「何曲か歌わないと調子が出ない…」そう思った経験のある方は、歌う前にこのストレッチを実践してください。

 

効果的な首のストレッチ

首は喉がある場所なので、確実にストレッチをしておきたいところです。

単純に首を回すだけでもいいのですが、より効果的に首の柔軟を行う方法を紹介します。

 

 

文字でも説明しておきます。

胸に両手を置いてグッと上を向く、喉の辺りが伸びるのを実感できると思います。そのまま首を斜め後ろに傾けると側面も伸ばせるので効果的です!

首をゆっくり大きく回すストレッチに『胸に両手を添える』という動作を加えてみてください。

首周辺のストレッチは以前から行っていますが、ほんの一工夫で全然違いますよ!

首がほぐれて歌いやすくなるということは、喉にかかる負担が減るということなので、長時間でもカラオケを楽しむことができます。

ぜひやってみてください!

 

あくびストレッチ

 

喉のストレッチです。緊張をほぐし、リラックスさせるために行います。

方法は簡単で、わざとあくびをするだけです。眠い時や授業中に出るあのあくびをワザと何回か繰り返します(そのうち本物のあくびもでてきます)

あくびは、最も自然に喉が開いている状態なので、簡単にリラックスすることができます。

参考:簡単!カラオケを歌う前に、喉をリラックスさせる方法 | nanapi [ナナピ]

 

顔のストレッチ

 

これもやり方は簡単です!

眉、目、口、顔、全てのパーツを中央に寄せ、3秒間キープしてから一気に……

パッ!!!と開く、これを何度も繰り返します。

f:id:nurahikaru:20140829191757p:plain

 

f:id:nurahikaru:20140829192008p:plain

 

顔の筋肉をほぐすことで、声の出がよくなります。

余談ですが、冬場の肌乾燥MAX状態でこのストレッチを行うと、切れるような痛みが走ります。乾燥肌の方は、余計に荒れてしまう可能性があるかもしれません。痛みを感じるようなら、痛みを感じない程度に行って欲しいと思います。

とにかく顔の筋肉を動かすことが重要なので、普段から思いついたときに行うと良いでしょう。

参考:顔のストレッチは大事

 

これを一通りやればOK!ストレッチメニュー

ここまですぐにできる簡単なストレッチを紹介してきましたが、最後に2~3分でできるストレッチメニューを動画で紹介したいと思います。

人前でガッツリやるのは、少し恥かしいですが、カラオケに行く前、家でやってもいいと思いますし、日常的に行うべきだとも思います。

時間に余裕があれば、ぜひ覚えてみてください。

 

 

 

おわりに

スポーツをする時にはウォーミングアップをしますよね?

動いていなかった身体を動かすモードに切り替えるため、怪我をしないためなど目的は様々あります。カラオケも同じです。身体を歌うモードに切り替えるため、喉を痛めないためにストレッチを行います。

ストレッチをして声が楽に出せるようになれば、喉の負担が軽減され、嗄れることは少なくなります。声が嗄れてしまえばカラオケを楽しむことができなくなってしまいますので、ストレッチを行うことは重要なわけです。

一生懸命に声を出すのではなく、常にリラックスした状態で声をだす。実は凄く難しいことなのですが、意識してストレッチをすることで大きく改善されます。

しっかり準備をすれば3、4時間1人で歌っても余裕です!(もちろん個人差、慣れもあります)

繰り返し言うようですが、カラオケで1番大事なのは楽しみながら歌うことです。そこに上手い下手は関係ありません。

長時間だろうと深夜だろうと、最後まで楽しむために、カラオケをする前のストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。