ぬらブロ

人生を少しだけ明るくするような情報をお届けするブログ

【血行不良】を改善する為にやるべきカンタンな習慣を解説!

f:id:nurahikaru:20190112154012j:plain

「血行促進」という言葉をよく目にしますが、世の中に「血行促進」を意識して生活している人がどれだけいるでしょうか?

肩こり、むくみ、冷え性、など多くの人が抱えるトラブルは血行不良が原因で起こっています。僕の周りでも、これらのトラブルを抱えている人がたくさんいるのですが、誰一人として血行を良くすることを意識して生活している人はいません。皆、肩こりやむくみを自然現象のように受け入れながら生活しています。

「血流を良くする習慣を身に付ければ、辛い思いをしなくて済むのにな」といつも思っていました。他でもない僕自身が、酷かった肩こりや末端冷え性が『血行促進を意識した習慣』でマシになったからです。

この記事では、血行を良くして健康な生活を送るためにするべきことをまとめてみました。無理せずできるモノだけを紹介するので、やれることから少しずつ生活に取り入れてください。

血行を良くする方法

 

水分補給

絵具を思い浮かべてください。水と混ぜていない状態では、ドロッとして重たいですよね。しかし、水を加えるとサラサラした感触に変化していきます。血液にも同じことが言えるのです。サラサラとした血液は循環が良くなります

血液の80%は水分でできています。水分不足により粘度の高い血液になると、脳梗塞や心筋梗塞など血管が詰まる原因になります。

現代人は水分不足の方が多いそうなので、小まめにコップ1杯の水を飲むようにしましょう。

 

階段を上る

階段を上ることで、脹脛の筋肉を使い、下半身全体に血液が巡るようになります

脹脛は『第二の心臓』と呼ばれるほど、血流において重要な存在です。下半身に溜まった血液や水分を心臓に押し戻すポンプのような役割をしています。

血行を良くするために、普段から階段を上ることを意識すると良いでしょう

 

脹脛のマッサージ

脹脛は『第二の心臓』であるというお話をしました。

脹脛を使うだけでなく、小まめにマッサージすることも血行促進には有効です。

YouTubeにあった脹脛のマッサージ方法を載せておきます。寝る前やお風呂の中で行うと良さそうです。参考にしてみてください。

 

ストレッチ

ストレッチは血流を増加させ、筋肉の凝りを防ぎます。

特に、長時間同じ体勢で作業(デスクワークなど)をする方は、1時間おきにストレッチを行うと、血行が良くなるうえに、肩こりやむくみを予防できます

 

タバコを止める

喫煙によるニコチンの摂取が、血行不良の原因になると言う研究結果があります。

タバコは『百害あって一利なし』ですね。

 

脚を高くして寝る

先ほども述べたように、脹脛は下半身に溜まった血液や水分を押し戻す役割をしています。しかし、人間は殆どの時間を2足歩行で過ごしていますので、重力の関係上どうしても血液などの戻りが悪くなってしまうのです。結果、血行不良に陥り、下半身の冷えや浮腫みの原因になります。

寝る時だけでも足を10センチほど高くすることで、血液などの戻りが良くなり血行促進に繋がります。クッションやタオルを重ねるなどの工夫をしましょう。

 

腹式呼吸

お腹に溜め込むイメージで鼻から空気を吸い込みます。口からゆっくりと時間をかけて吐き出します。これが腹式呼吸です。

腹式呼吸によって、横隔膜が上下します。これがポンプの役割を果たし、お腹に溜まった血液を心臓に循環させます。胃腸の働きも良くなるなどの効果もあります。

 

定期的な運動

有酸素運動には血行を促進する効果があります

おすすめは30分~1時間程度のウォーキングです

激しい運動を意識する必要はありません。楽しんでできる運動を、定期的に行うことが重要です。

 

緩めの服装をする

服装も、血液の循環を妨げる要因になります

窮屈な靴、締め付けの強い下着などです。せめて家の中だけでも、ゆったりとした服を着ることをおすすめします

本気で血流に拘る方は、下着の締め付けを嫌ってふんどしを身に着けているそうです。

 

血行を良くする食材

血液を綺麗にし、血行を良くしてくれる食材を箇条書きで紹介していきます。

  • たまねぎ
  • にんじん
  • 納豆
  • 生姜
  • お酢(黒酢なら更に◎)

 

血行不良になる原因

血行不良になる主な原因は、以下になります。これらを避けることで、血行不良になる可能性を下げることができます。

  • 運動不足
  • 長時間のデスクワーク
  • 冷たい飲食の摂りすぎ
  • 無理なダイエット
  • 冷え

 

血行促進で改善すること

血行不良によって起こる身体への悪影響は以下のようなものがあります。

  • 肩こり
  • むくみ
  • 疲れが溜まりやすくなる
  • 病気にかかりやすくなる
  • 冷え性
  • 肌荒れ
  • 胃腸の不調
  • 生理痛の悪化

トラブルに心当たりのある方は、今回紹介した血行を良くする方法に取り組んでみてください。少しづつ改善していくと思います。

ちなみに、僕の妹は酷い生理痛でしたが、ヨガを始めたことで血流が改善されたのか痛みが和らぎました。僕自身も、ストレッチを習慣化した数年前から、ほとんど肩こりを感じなくなっています。

1日の中でちょっとしたことを意識したり、数分時間をとるだけで血行は良くなっていきます。是非チャンレンジしてみてください。