肌と人生を明るくする。- ぬらブロ

独学でニキビを克服したアラサー男がニキビ改善のプロセスと人生を少しだけ良くするライフハック情報を発信するブログ

『化粧水不要論』ってどうなの?って話。

f:id:nurahikaru:20181002195115j:plain

スキンケアの方法は様々なのですが、昨年頃から『化粧水不要論』なるものが一部美容界隈を賑わせておりました。今ではスキンケアの常識でもある化粧水を、「使わない方がいい!」と言うんですね。

この『化粧水不要論』について僕なりの見解をお話ししたいと思います。

『化粧水不要論』とは?

『化粧水不要論』が話題になったのは、2017年に投稿された動画がキッカケです。「スキンケアは人それぞれ」と"逃げの一手"を打つことが多い美容界隈で、「化粧水は使わないでください」とハッキリ言ったもんだから、YouTubeの美容界隈が少しばかり騒がしくなったんですね。

 

動画の内容を簡単に説明すると…

 

  • 化粧水が浸透するのは角質層まで
  • 角質層は水などを弾くためのバリア機能
  • そこに化粧水を浸透させるって矛盾してない?
  • 化粧水の付けすぎで肌が乾燥する
  • 化粧水を辞めたら水分量が上がった!

 

と言う感じです。

 

個人的に『化粧水不要論』には賛同しています。

以前、こんな記事も書いていますからね。

化粧水を使いすぎると肌が荒れる! ってのは間違いないので、「化粧水をたっぷり使って~」などと申す美容皮膚科医とか1mmも信用しておりません。

 

実は「化粧水は不要」って話は珍しい事ではなくて、皮膚科学の世界では何年も前から「化粧水って意味なくない?」「クリームだけ付けておけばよくない?」って結果が出ていたりします。

参考:保湿クリームと化粧水を使う正しい順番とは?っていうか、そもそも化粧品って必要なの?問題 | パレオな男

 

「化粧水は完全に悪だ!」とは言い切りませんが、そんなに意味のある物じゃないってのは間違いないような気がしますね。

 

化粧水を付けた方が良いと感じているなら付ける

「化粧水は不要!」といくら言っても、「化粧水はバシャバシャつけた方がいい!」という口コミは未だに多いんですよね。

確かに、たくさんつけると潤っているように感じるしニキビも出来にくくなるような気はします。気がするだけだとは思うのですが…

 

でも、「これで肌の調子が良いんです!」と言うなら、本当は化粧水の意味なんて無かったとしても付け続ければ良いんじゃないでしょうか。思い込みのチカラって凄いですからね。『高級化粧水だと偽ってただの水を使わせたら肌状態が良くなった』なんて実験結果もあったと記憶しています。

結局、スキンケアなんて「良いような気がする」ことを続けていくのが一番なんでしょうね。どんな方法も大した効果はないので。

 

僕が言えるのは、『化粧水を使っても良いけど、付けすぎは逆効果だしコスパも悪いから止めた方が良いよ』ってことですね。使わずに、保湿ジェルやクリームのみでスキンケアするのは全然アリだと思っています。