肌と人生を明るくする。- ぬらブロ

独学でニキビを克服したアラサー男がニキビ改善のプロセスと人生を少しだけ良くするライフハック情報を発信するブログ

男性向けスキンケア方法の解説

f:id:nurahikaru:20171226223614j:plain

僕が美容に目覚めてから約10年、当時も今もネットを中心に情報を集めているのですが、ずっと思っていたことがあります。

 

男性向けのスキンケア情報が少なすぎる。

 

多くの美容サイトは女性が見ることを前提とした解説をしています。有名な美容本も女性の肌を前提として書かれています。

しかし、女性と男性の肌質は違います。女性用のスキンケアが男性も合うかと言うとかなりの確率で合わないと思います。

実際に僕も女性向けのスキンケアを長年取り入れてきましたが、なかなか肌が綺麗にならず苦しんできました。

最近は、男性の肌というものを理解し、これまでとは逆をいくようなスキンケアを始めてから、肌がみるみると良くなっていきました。

今回は、女性と男性の大きな違いを解説しつつ、僕が試行錯誤の末にたどり着いた本当に男性向けのスキンケアについて紹介したいと思います。

 

女性と男性の肌の違い

f:id:nurahikaru:20171226223817j:plain

僕が考える女性の肌と男性の肌の大きな違いは2つあります。

  • 皮脂の分泌量
  • メイクの有無

細かく言えばもっとたくさんあるとは思うのですが、大きな違いはこの2点だと思います。順番に説明していきますね。

 

皮脂の分泌量が違う

男性ならお気づきかと思いますが、男性は女性よりも皮脂の分泌量が多いです。2倍以上あるとも言われています。夕方くらいには顔がテカテカぬるぬるになる人も多いのではないでしょうか。(逆に女性は男性よりも肌の水分量が多いと言われています。)

 

スキンケアにおいて乳液や保湿クリームは重要視されていますが、これらはすべて皮脂の代わりになるものです。皮脂は肌を保護する重要な役割を果たしています。

皮脂の分泌量が少ない女性は肌を保護できない無防備な状態になってしまうので、乳液やクリームで保護膜を作ってあげる必要があるんです。

しかし、男性は違います。僕は保湿クリームを何よりも重視するクリーム信者でしたが、付けすぎるとニキビなどの肌トラブルに襲われました。保湿クリームを塗らない方がトラブルはなくなり、肌は綺麗になりました。

皮脂の分泌量が多い男性に乳液や保湿クリームなど皮脂の代わりになるモノは必要がないのかもしれません。

 

化粧をする・しない

これは肌質というよりも習慣の違いですが、メイクをするかしないかはかなり大きな違いです。

化粧品は想像以上に肌の負担になっています。しかも、落とさなければいけないので、クレンジングや洗顔も必ずしなければなりません。美しく見せるためのお化粧が、実は肌ダメージの原因になっています。

 

ところが、男性はメイクをする習慣がありません。女性の皆さんには大変申し訳ないですが、これはスキンケアにおいてかなり有利です。

この特権を活かさない手はありません。

 

男性向けのスキンケアとは!?

f:id:nurahikaru:20171226223934j:plain

以上の"男女の肌の違い"を踏まえて、ボクが試行錯誤の末にたどり着いた男のスキンケアを紹介したいと思います。

やることは以下の3つです。

 

  1. 水だけで洗顔をする(必要なら洗顔料を使う)
  2. 保湿効果の高い化粧水を付ける。
  3. オイルフリーの保湿美容液 or ジェルで保湿する(乳液を薄く塗る)

 

1つづつ解説していきたいと思います。

 

1.水だけで洗顔する

これは、僕がゴリゴリに押している水洗顔という方法です。

そもそも洗顔とはどのような目的で行うのかご存知でしょうか?

正解はアブラ汚れを落とす為です。アブラ汚れとは主にメイクのことを指します。

もしメイクをしているのなら、必ず洗顔かクレンジングをしてください。

メイクをしていないのなら洗顔料を使って顔を洗う必要はありません。

「いやいや、それじゃ汚いでしょ!」と思った方もいると思いますが、他の落とすべき汚れはすべて水だけで洗い流せます。

下手に洗顔料を使っても、保護膜である皮脂を落として肌を無防備な状態にさせるだけです。

 

水洗顔をするようになってから、僕の乾燥肌が劇的に改善しました。角栓や毛穴の開きも治まってきました。

男性は肌を綺麗にするつもりで洗顔をしていると思いますが、洗顔料を使っても肌が乾燥して角栓やニキビなどのトラブルが起きるだけです。

騙されたと思って朝と晩の2回、水だけで顔を洗ってみてください。

もっと詳しく水だけ洗顔について知りたい方はコチラをどうぞ。

乾燥肌を改善する洗顔方法 / 男が美肌を目指すなら水洗顔が超おすすめ!

 

ただし、油汚れが顔につくようなお仕事や趣味をされている方はしっかりと洗顔料を使って油汚れを落とす必要があります。

 

2.保湿効果の高い化粧水を付ける

男性の肌は皮脂の分泌量が多いです。しかも、水洗顔を行うとなると肌に油分を補う必要はほとんどありません。むしろ余分な油分が肌トラブルの原因になります。

かと言って、洗顔をすれば少なからず肌は乾燥しますから保湿は重要です。僕の考えるメンズスキンケアでは化粧水が重要な保湿の役割を果たします。

できるだけ「高保湿」と言われる化粧水をケチることなくたっぷり使って保湿しましょう。化粧水をしっかり使用するだけでも肌の状態は随分とよくなります

どんな化粧水を使えば良いか分からない方はコチラを読むと僕のおすすめが分かります。

男性に知ってほしい化粧水の選び方 / おすすめプチプラ化粧水を紹介

 

3.オイルフリーの美容液で保湿する

化粧水でどれだけ保湿をしても結局は水分なので蒸発してしまいます。メンズスキンケアの仕上げはオイルフリーの美容液もしくはジェルです。

何度も言いますが、男性は皮脂の分泌量が多いので油分の補充は必要ありません。それでも保湿をしっかり行うにはオイルフリーの美容液やジェルが有効になります。

僕もオイルフリーのジェルをたっぷり塗って保湿するようにしていますが、見違えるほど肌が良くなりました。

保湿クリームをベタベタに塗っていたころは、保湿されている感じはあるけれどヌルヌルするし、ちょくちょくニキビはできるし、見栄えも悪くて最悪でした。

 

男性が乳液やクリームを使う必要はありません。

オイルフリーの保湿美容液 or ジェルにこだわりましょう。

 

多くの美容サイトでは、「乳液やクリームで必ず油分を補ってください」と話しています。「男性はオイルフリーの保湿美容液で保湿してください」と説明しているサイトなんてほとんどありません。

保湿クリームを信じ続けてニキビやヌルヌル肌に悩まされてきた僕の二の舞にはなってほしくないです。

僕が主に使っている保湿ジェルについて知りたい方はコチラをお読みください。低価格でとても便利な商品です。

 

どうしても洗顔料を使用しなければいけない時は、乳液を薄く塗ることで油分を補います。「薄く」というのが重要なポイントです。クリームや乳液を薄く塗るのにおすすめの方法は以下をお読みください。

肌が弱い人の保湿クリームの塗り方!厳守すべきたった1つのポイント!

 

男性のスキンケアはシンプルでもOK

僕の考えるメンズスキンケアはかなりシンプルです。スキンケアに慣れていない男性にはシンプルで継続できるスキンケアが最適だと思います。

こんなスキンケアができるのも、男性のほとんどがメイクをしないからです。

女性用のスキンケアはメイクをすること・皮脂の分泌量が少ないことが前提です。真逆の男性が女性と同じスキンケアをする必要があるのか? ということを美容男子の皆さんには考えてほしいと思います。

 

もちろん肌質は人それぞれであり、僕も試行錯誤をしながら自分なりのスキンケアを見つけたに過ぎません。このエントリーに書かれたことはあくまで "基本的な考え方" とし、自分に合ったスキンケアの方法を見つけていくことがベストだと思います。