肌と人生を明るくする。- ぬらブロ

独学でニキビを克服したアラサー男がニキビ改善のプロセスと人生を少しだけ良くするライフハック情報を発信するブログ

知らないと損!!水を飲むだけで得られる15の効果

f:id:nurahikaru:20160108012019j:plain

私の尊敬する美容関連の方々やフィットネス系のYouTuberさんの多くが、「1日2ℓ以上の水を飲む」を実践しています。

人間の体は、70~80%が水分で出来ていると言われているので、頻繁に水分を補給することは美容や健康にいい影響をもたらすようです。

私も毎日500mlのペットボトルを持ち歩き、2~3ℓの水を飲むように意識しているのですが、

  • 便通が良くなった
  • 頻繁に起こっていた腹痛がなくなった
  • 疲れが溜まっている感覚がなくなった

など、分かりやすい効果が現れてきました。

この記事では、みなさんに水を飲むことをオススメすると共に、一般的に言われている「水を飲むことで得られる効果」についてまとめてみました。

水を飲むことで得られる効果

1.ダイエット効果

水分補給にお水を選ぶことで、ジュース等を飲む機会が減り必然的に摂取カロリーが下がる。

一時的に満腹感を得られるので、「食べすぎ」による肥満の場合は水を飲むことでダイエット効果を得ることができる。

深夜に異常な食欲に襲われるのは、水分不足が原因なので「食べたくなったら水を飲む」がおすすめ。

2.基礎代謝が上がる

水を飲むと一時的に体温が下がる。カラダは下がった体温を上げようとするのでエネルギーを消費する。(恒常性機能)

基礎代謝量を上げることで脂肪を燃焼しやすくい体質となりダイエットの効果が上がる。

3.風邪予防

お水を飲むことで基礎代謝が上がる。基礎代謝が上がると体温が上がる。体温が上がれば免疫力が上がる。結果的に風邪等の予防に繋がる。

4.美肌効果

綺麗な水を飲むことで、透明感のある美肌になることができる。

脱水状態になると乾燥肌、シワ、たるみの原因になるので、綺麗になりたいなら小まめに水を飲むこと。

5.ニキビ吹き出物解消

水を飲むことで尿や汗が出やすくなり、老廃物を排出することができる。

いわゆるデトックス効果

ニキビの原因であるアクネ菌も排出されるので、ニキビ・吹き出物の解消に繋がる。

6.血液サラサラ効果

血液の90%は水でできている。綺麗な水が豊富に含まれていればサラサラな血液になる。

血液がサラサラになれば生活習慣病の予防にもなる。

7.心臓病の予防

1日コップ5杯以上の水を飲んだ人は、水をコップ2杯以下しか飲まなかった人よりも心臓病で死に至る確率が41%低い。

8.リンパの流れ改善

水を飲むことで血流やリンパ液の流れが良くなり老廃物を排出しやすくなる。

9.むくみの解消

むくみは水分不足が原因。

代謝が悪いと体の細胞は水分を排出しようとせず、細胞に水を溜めこもうとしてしまう。水を溜めこんだ細胞は膨れ上がりむくみが生じる。

水を飲むことを習慣化し水不足を解消すれば、代謝が上がってむくみが改善する。

男性よりも女性の方が5%ほど水分が不足しているらしい。むくみが女性に多い原因はこれ。

10.便秘改善

便秘の原因も水分不足。

硬いものに水をかけてあげれば柔らかくなって出やすくなる。

女性に便秘が多いのは男性に比べ水分不足の傾向にあるから。

私も便通が良くなり腹痛が改善した。

11.頭痛の改善

頭痛の原因の1つに脱水症状がある。頻繁に頭が痛くなる人は、水を飲むことで改善するかもしれない。

12.疲労回復・体力向上

体内に栄養や酸素を運ぶのは血液である。水分が不足してドロドロの血液では流れも悪くなり、栄養や酸素の行き渡りが遅くなる。

水分を豊富に含んだサラサラの血は全身の疲労回復も早めてくれる。

1~2%ほどの水不足(のどが渇いたと感じる時点)で脱水症状。脱水状態は疲労、筋力の低下、めまいなどを引き起こすので非常に危険。

13.運動能力向上

脱水症状に陥ると人の動きは悪くなる。

スポーツ中に「水を飲むな!」はあまりにも馬鹿げた行為。

練習には水が必要不可欠。練習の前、練習中、そして練習後に水分補給は絶対にすべし。

14.脳の活性化

水分不足は、記憶力の低下・集中力の低下が起こると証明されている。勉強中も水分補給を怠らないように。

15.二日酔い解消

代謝上げてアルコールを排出するために水が必要。アルコールは利尿作用もあるので、体は水分不足に陥りやすい。酔った時に「水を飲め」と言われるのはこのような理由から。

酷く酔ってしまい飲んだ水をすぐに吐いてしまう人もいるが、脱水症状の危険性もあるので注意が必要。無理にでも飲むべし。

まとめ

f:id:nurahikaru:20160108012031j:plain

以上が一般的に言われている"水を飲む"ことの効果です。

水を飲んだからと言って劇的に何かが変わるわけではありませんが、「飲まない」ことのマイナスは計り知れません。

スタバやコンビニのジュースばかり飲んでいないで、しっかりと『水』を摂ることが本当に重要です。

目安は1日1.5ℓ~2ℓですが、「そんなに飲めない」と思う方もいると思います。

しかし、そう感じるのは最初だけで、飲んでみると意外と簡単なものです。

「最近、ちょっと便秘気味で・・・」「仕事の疲れがとれない・・・」「むくみが酷い!」という人は水分不足の可能性が高いので、今すぐにでも水を飲む習慣を身に着けることをおすすめします。

ただし、一度に大量の水分を摂取するのは危険ですので。適量を小まめに飲むようにしてください。

正しい水の飲み方。詳しくはこちらをクリック!

"水を飲む"という簡単な習慣を加えるだけで生活の質は少しずつ良くなっていきます。