ぬらブロ|楽に生きたいだけ

楽を生きるために「楽」を追求する情報ブログ

nurablo

【水洗顔】効果が出るのはいつ?正しいやり方は?ニキビ・乾燥肌・毛穴は改善する?

f:id:nurahikaru:20181215213107j:plain

 

この記事では、『水洗顔』と呼ばれる美容法について、実体験を交えながら詳しく解説をします。

水洗顔に興味のある方、水洗顔を実践されている方は是非とも読んでください。

僕は、約4年間『水洗顔』を実践してきました。

かつて、1万円もする洗顔料や、多くの美容サイトで絶賛されている「どろ◯わわ」を使っても改善しなかったニキビが、水洗顔と出会ってから「肌が綺麗だね」と言われるまでに改善しました。

水洗顔によって絶望していた肌に希望が生まれました。

そんな僕が、4年間の試行錯誤し得た知識を全てお話しします。

 

水洗顔とは?

水洗顔について、本当に初歩的な情報をお話しします。

ある程度の知識がある方は、読み飛ばしていただいて結構です。

 

水洗顔とは、『水(ぬるま湯)のみで洗顔する美容法』です。

洗顔料や石鹸は一切使いません。

お化粧をしている方は、クレンジングのみ行い、W洗顔はしないようにします。

詳しいやり方は後述します。

時々、水洗顔と『肌断食(脱スキンケア)』を混同している方がいますが、ここでは水洗顔と肌断食は別の美容法として扱います。

ちなみに、僕は肌断食も経験していますが、あまりおすすめはしていません。

 

なぜ水洗顔は肌に良いのか?

水洗顔が肌に良い理由についてお話しします。

肌には、皮脂、天然保湿因子、常在菌などが存在し、外部の刺激や乾燥から守っています。これらは、肌になくてはならないモノですが、増えすぎたり減りすぎたりすると肌トラブルの原因になります。

例えば、常在菌の1つであるアクネ菌はニキビの原因として知られていますが、本来は、肌を弱酸性に保ち、病原性の強い細菌の増殖を抑える働きをしています。しかし、何らかの原因でアクネ菌が増えすぎてしまうとニキビの原因になってしまうのです。

「健康な肌」と言うのは皮脂や常在菌のバランスが適切である状態を言います。

 

洗顔料等に含まれる界面活性剤や殺菌作用は、皮脂、天然保湿因子、常在菌を極端に洗い流してしまいます。

洗顔後の肌は、肌を健康に保つために必要なバランスを失い、外からの刺激に弱く、水分を保持できない状態になってしまいます。

そのため、皆さんは必死でスキンケアをし、一時的に皮脂や保湿因子を補うのですが、洗顔によって肌のバランスを壊し続ければ、肌は正常な機能を失ってしまいます

結果、乾燥肌や敏感肌と呼ばれる症状になり、ニキビや炎症に繋がるのです。

 

水だけで洗顔し、界面活性剤や殺菌成分を避けることで、皮脂、保湿因子、常在菌などを必要以上に洗い流すことがなくなります。

結果、肌のバランスは維持しやすくなります。

世の中には、皮脂や常在菌を悪者扱いし洗い流すように促す人がいますが、水で洗えば不要な皮脂は落とすことができますし、常在菌は増えすぎなければ問題ありません。

個人的には、皮脂をがんばって落とさなくても肌は全く荒れないですし、洗顔料を使って皮脂を落とした方が肌の状態が悪くなると感じています。

 

具体的な水洗顔の効果は?

f:id:nurahikaru:20181119184044j:plain

 

乾燥肌は改善する?

水洗顔を続けていくと乾燥肌は改善します

肌が乾燥する原因の多くは、過剰な洗顔だからです。

アトビーなどの事情がなければ、肌は自力で健康な状態を維持することができます。

しかし、健康な肌状態を維持するのに必要な皮脂、天然保湿因子、常在菌などを洗顔料等で洗い流してしまっています。

さっぱりして綺麗になったと感じますが、肌は外からの刺激に弱く水分を保持できない状態、つまり乾燥肌や敏感肌になります。

この状態を誤魔化すためにクリームや乳液などを使って保護するのですが、これらはあくまで補助的な役割にすぎません。肌が本来持っている皮脂や常在菌に勝るモノは存在しないのです。

水洗顔を続けることで、皮脂、天然保湿因子、常在菌が守られ、肌を保護し水分を維持できるようになります。

洗顔を水洗顔に変えた直後から、洗顔料を使った時よりもツッパリ感が少ないことを感じることができるので、試してみてください。

ただし、水洗顔でも皮脂等は少なからず洗い流されてしまうので、保湿は必要です。

 

ニキビは治る?

僕自身もそうでしたが、水洗顔でニキビ改善を目指す人は多くいます。

結論から言うと、水洗顔はニキビに効果的です。

理由は、大人になってからできる大人ニキビは、乾燥が原因になっているからです。

肌が乾燥する→皮脂が過剰に分泌される→多すぎる皮脂が乾燥で硬くなった毛穴に詰まる→アクネ菌が皮脂を餌にして増殖する→ニキビ発生。

簡単に言うと、このような流れになっています。(もちろん、体の内側にも原因はありますのでこれだけで改善するわけではありません)

乾燥を防ぐことで、大人ニキビを減らすことができるのです。

実際に僕も、水洗顔によってニキビが劇的に改善しました。特に、眉間、口周り、頬などの乾燥が激しかった部分はビックリするほどニキビが消えていきました。

 

毛穴は小さくなる?

水洗顔で毛穴は小さくなりますか? という質問をいただいたことがあったので、毛穴についてもお話ししようと思います。

そもそも、毛穴と言うのは開いたり閉じたりするののではありませんので、「水洗顔が毛穴を小さくする!」と言い切ることはできません。

ただ、僕も水洗顔を始めるまでは、額や頬(目の下あたり)の毛穴が目立っていました。しかし、水洗顔をして保湿もしっかりとするようになったら毛穴は目立たなくなっていきました

毛穴が目立ってしまう原因の1つが、過剰な皮脂分泌です。

肌は水分がすくなくなり乾燥すると、保護するために皮脂を過剰に分泌します。

水洗顔によって肌の乾燥が和らげば、皮脂の過剰分泌が起こることもなくなり、毛穴の目立ちもなくなっていったと推測できます。

「水洗顔で毛穴が改善する!」とは言えませんが、僕の場合は毛穴が目立たなくなったので、毛穴に悩んでいる方は水洗顔を取り入れてみても良いのではないでしょうか。

 

効果が出るのはいつ?

 

変化は1週間、効果は1ヶ月~

水洗顔を始めて1週間程度で、ニキビが出来にくくなった、ツッパリ感がなくなった、肌の感触が柔らかくなった、などの変化は感じることができます。

個人差はもちろんありますが、「良い感じ」と実感できるまで時間はかかりません。

本格的な効果が表れるのまでは1ヶ月以上かかります。

僕も1ヶ月以上続けて、ニキビがほぼ出来ないような状態になることができました。

口コミでも1~2か月で効果が出たという報告が多いので、長くても3ヶ月程度で効果が表れると思って間違いないでしょう。

 

最初は肌が荒れる?

「水洗顔を始めると、一時的に肌が荒れる」という通説があります。

これに関して、僕が参考にさせてもらっているかずのすけ先生が『洗浄格差』という言葉を使って説明してくれています。

日頃から洗浄力の強い洗顔石鹸を使っていた人が急に水洗顔へと移行をした場合、肌トラブルが起きる可能性は高いようです。

しかし、僕は水洗顔だけでは肌が荒れることはありませんでした。

個人的には、「そこまで心配する必要もないんじゃないかな?」と思っています。

耐えられないほど肌が荒れた場合は、必ず中断してください。

また、おそらくですが、「一時的に肌荒れする」と語っている人の多くが、水洗顔に加えて肌断食を実践している可能性もあります。(水洗顔と肌断食のセットを『水洗顔』と認識している人も多いです)

肌断食は、最初の数か月でめちゃくちゃに肌が荒れます。

 

正しい水洗顔のやり方は?

ここからは、水洗顔の正しいやり方について説明します。

「正しい」と正解のように言っていますが、ここで言うのはあくまで目安です。

僕自身もそうでしたが、自分に合うやり方は何回も試行錯誤しながら探っていくしかありません。

正解を教えてくれるのは、この記事ではなく、あなた自身の現実です。

これを念頭に置いて読み進めてください。

 

温度は何度?

水洗顔を行う上で、重要なのは水の温度です。

高すぎると皮脂を落としすぎてしまい、低すぎると肌にとって刺激になります。

目安としては25℃~32℃です。

理由は、人間の皮脂が溶け出す温度が25~32℃だからです。

水と言うよりも、『ぬるま湯』と表現したほうが良いかもしれないですね。

ちなみに僕は、25℃あたりに温度設定しています。32℃でも乾燥を感じてしまうからです。少しだけ冷たいと感じるくらいの方が、肌トラブルなく安定します。

温度に関しては、試行錯誤してベストな温度を見つけるしかありません。

乾燥が酷い方は25℃あたりから試してみるのが良いでしょう。

 

洗顔回数、すすぎ回数は?

水洗顔での洗顔回数は、朝晩2回です

夏場で汗をかいた場合には3回でも良いですが、水洗顔でも皮脂等を洗い流してしまうのは事実なので、回数を多くすることは肌に良い事ではありません。

同じような考え方で、1回のすすぎ回数も多すぎない程度が良さそうです

あくまで僕のやり方ですが、額・両頬・鼻・顎の5か所を各5回ずつすすぐようにしています。

水洗顔とはいえ、洗いすぎは逆効果になりますので、物足りないくらいが丁度いいのです。

 

保湿はする?

いくら洗顔料を使わなくても、洗顔後は肌が乾燥します。保湿は必ずしてください。

使うアイテムは、自分自身の肌に合っているお気に入りの商品で構いません。

水洗顔によって皮脂や常在菌のバランスを整えようとしているので、できれば肌にとって余計な刺激がなく、しっかりと保湿・保護をできる保湿剤を使いたいですね。(殺菌効果のある化粧水とか最悪ですね)

おすすめは、ワセリンです。

油分で肌を覆い、水分の蒸発を防ぎ、刺激から肌を守ってくれます。

肌荒れの原因になる可能性もとても低いです。

塗りすぎると毛穴づまりの原因になったり、ベタつきやすいので、やたらとワセリンに否定的な人もいますが、使い方に慣れれば問題ありません。

僕も現在は、水洗顔+ワセリンでスキンケアをしています。

 

注意点!!

水洗顔における注意点は、絶対に肌を擦らないことです。

これは、どんな洗顔方法にも言えることですね。

肌を擦るって傷がつくと、そこから雑菌が入り込んで肌荒れの原因になります。

洗顔をしている時はもちろん、タオルで顔を拭くときもゴシゴシと擦るのではなく、優しく叩くように水を拭き取りましょう。

 

『化粧品依存』の罠

f:id:nurahikaru:20181215213344j:plain

僕は水洗顔によって肌の悩みから解放されたので、水洗顔は素晴らしい洗顔方法だと認識していますが、実際は賛否両論あります。

先日見た美容ブログでは、「朝だけ水洗顔を実践してみた♡」と題して、水洗顔の効果を実験した結果、肌がくすみ化粧乗りも悪くなったので、「朝も夜も洗顔料を使って洗顔をした方がイイ♡」という結論を述べていました。

個人差があるのでゴチャゴチャ言うつもりはないのですが、朝に洗顔料を使わなかっただけで状態が悪くなる肌が、まともだとは思えません。

本来、人間の肌は何もしなくても正常な状態を維持できるはずだからです。

子供の頃なんて、何もしなくても肌トラブル1つありませんでした。

50年くらい前は、肌トラブルに悩む人はごく少数だったと聞きます。

現在は、女性のほとんどが肌トラブルを抱え、男性でも悩んでいる人がたくさんいます。

美容の研究が進み、多くのスキンケア商品を選べるようになった現代ほど、肌トラブルに悩む人が多いのは本当に不思議ですよね。

僕の推測ですが、化粧品会社は基礎化粧品を売りたいがために、朝晩の洗顔を推奨し、人の肌に必要な皮脂、天然保湿因子、常在菌を洗い流させているのではないでしょうか?

洗顔料で悪化した肌を誤魔化すために、化粧水やクリームが売れていく…

こうしてユーザーを基礎化粧品に依存させることで、ビジネスを成立させているのです。

このような疑いを持つと、昔よりも今の方が肌荒れに悩む人が多いことも頷けますよね。

水洗顔は、洗顔料依存から抜け出した理想的な洗顔方法だと言えます。

本来人間は、水でパシャパシャと顔を洗えば充分なはずなんです。(メイクなどの油汚れがある場合はクレンジング必須)

我々の先祖達が、洗顔料を使ってきたと思いますか?

現代人は、洗顔料を使うことが当たり前になていますが、水洗顔の方が人間にとって普通だと僕は思います。

 

さあ!水洗顔を試してみて!!

水洗顔は、おすすめしやすい美容法です。

初期費用はかからず、道具も不要だからです。

1万も2万もするような化粧品は試すのに、水洗顔は試さないなんてどうかしています。

「いろんな基礎化粧品を使ってきたけれど一向に肌トラブルが改善しない」という人ほど騙されたと思って水洗顔を始めてみてください。

僕も、悩み苦しむ中ほぼヤケクソで水洗顔を始めましたから(笑)

質問や相談があれば、メール、Twitter、コメント欄でお待ちしています。