肌と人生を明るくする。- ぬらブロ

独学でニキビを克服したアラサー男がニキビ改善のプロセスと人生を少しだけ良くするライフハック情報を発信するブログ

ポッコリお腹を改善する3つの習慣とは? とりあえずコレだけ続けたらOK!

f:id:nurahikaru:20180926003124j:plain

「痩せているけどお腹だけポッコリ出ているって一番格好悪い体型だな」と思っている、ぬらひかる(@hikaru_nura)です。

20代の後半に差し掛かったころから、どうもお腹がポッコリ出るようになってしまい、鏡を見るたびにガッカリしてきました。

何とか改善しようと、腹筋運動をしたりランニングをしたり軽い努力はしてみたのですが、ほとんど効果はなし。

「このまま、お腹ポッコリおじさんとして生きていくのか…」と絶望していました。

しかし、ちゃんと調べてみると、ポッコリお腹の原因や、改善するために必要なことが見えてきまして、これを実践してみたら僅か2週間ほどで目に見えて結果がでてきました。

下の方にある画像が僕の今のお腹なのですが、以前に比べると随分シュッとしたと思います。(※ビフォーの写真を撮っておけ! って話なんですけどね…)

これを続けていけば、腹筋が割れて見えるようになるみたいですし、実際にそうなりそうな実感もあるので、今後がかなり楽しみです。

というわけで、ここでは僕が今実践しているポッコリお腹解消法(腹筋も割れるかも)を紹介したいと思います。

 

 

ポッコリお腹の原因

ポッコリお腹になってしまう原因は、大きく分けると2つあります。

 

  • 皮下脂肪・内臓脂肪
  • 内臓下垂

 

脂肪は分かりやすいですね。「デブ」なのでお腹が出ているパターンです。

腹筋は脂肪の下につくので、どれだけ腹筋が鍛えられていても脂肪があれば割れて見えることはありません。

 

内臓下垂は、痩せているのにお腹がポッコリ出ている人に多い症状です。

内臓の位置が下がってしまい、結果的に下っ腹がポッコリ出て見えるようになります。

原因は、腹筋力不足や骨盤の歪みです。

 

基本的には、この2つの原因に対処していけば大体の人はポッコリお腹を解消できると思います。

 

ポッコリお腹を解消する方法 

f:id:nurahikaru:20180926002259j:plain

①プチ断食(リーンゲインズ)

ポッコリお腹を解消したり、腹筋を割ろうと思ったら、「食事管理が一番重要だ!」と多くの人が口を揃えます。

ただ、カロリー計算や、「あれは食べていい、コレは食べちゃダメ…」という判断って面倒だし難しいんですよね。

そこでオススメなのが、リーンゲインズと呼ばれるプチ断食です。

 

  • 1日のうち16時間は何も食べない
  • 8時間は好きなモノを食べていい
  • 断食中は、水・お茶・コーヒーのみ飲んでよい

 

基本的にこの3つのルールを守ればOKです。

16時間には寝ている時間も含まれるので、朝ごはんと夜食を抜けば簡単に断食することができます。

僕の場合は、昼の11時~夜の7時までが好きに食べていい時間で、その他の時間は何も食べません。

脂肪を落とそうと思うなら、16時間の断食中に軽い運動をするのがおすすめです。

空腹状態で運動すると、体が脂肪をエネルギーに変えようとするので、どんどん脂肪が燃焼されていきます。

 

僕は元から朝ごはんを食べないタイプなので苦になりませんでしたが、1日3食しっかり食べて、夜にお酒を飲むような人は苦痛に感じるかもしれません。

ただ、「1週間もすれば慣れる」という報告がネット上には多いので、1週間もすれば慣れつと思います(笑)

 

参考:正しく痩せて筋肉をつける。目的別ファスティング(プチ断食)ガイド | パレオな男

②バーピー

「バーピー最強!」とフィットネス系のYouTuberさん口を揃える"最高の運動"がバーピーです。

何が最強かというと…

 

  • 激しめの有酸素運動
  • 全身を鍛えられる
  • 狭いスペースでできる

 

体型維持を目的にするのであれば、バーピーを週2~3回やっとけばOKでしょ!

と言うくらい、効率的なトレーニングです。

有酸素運動なので脂肪は燃焼するし、全身の筋肉を使うので代謝がアップするし、最高ですね。

 

「バーピーはちょっとキツイよ・・・」という人は、スクワットをやるのが効果的だと思います。

 

③肩倒立

なんと表現すればよいかわからなかったのですが、僕が小学生の頃は「肩倒立」と呼んでいました。

基本的には30秒から5分キープすればOKみたいです。(無理のない範囲で)

要は胴体を床に対して垂直にすればいいので、難しい人は壁を補助に使ってもかまいません。

これをすることで、内臓の位置を一気に引き上げることができます。

 

冷え性やむくみの改善にも効果があるそうなので、1日1回くらいは実践してみるといいかもしれません。

 

参考:ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する!楽しく続けられる簡単おうちエクササイズ | 女の美道 - 30代後半からの女性のダイエット・美容

 

結論:ポッコリお腹解消にやることは3つだけ!!

とりあえず、ポッコリしたお腹を改善するためには、あれこれやるよりもこの3つだけ続ければ良いと思います。

リーンゲインズだけでも効果が出ると思いますし、バーピーもやれば腹筋が割れるのも夢ではないかもしれません。

それでも改善しない場合は、内臓下垂の可能性が高いので寝る前にも肩倒立をすれば改善していくと思います。

ただし、どれも数日で効果が出るものではなく、目に見えた効果が表れるまでは2週間〜1ヶ月以上続ける必要がありそうです。

慣れてしまえば難しいことはないと思うので、まずは最初の1週間、頑張ってみましょう!

無理だけはしないように!!