ぬらブロ|楽に生きたいだけ

楽を生きるために「楽」を追求する情報ブログ

nurablo

ニ日酔い・悪酔いをしない、安全なお酒の飲み方を解説!

f:id:nurahikaru:20190108201314j:plain

飲みすぎて周囲に迷惑をかけてしまう、二日酔いになって休日を台無しにしてしまう…このような経験がおありでしょうか?

僕も昔からアルコールに弱く、お酒によるトラブルを何度も起こしてきました。人前で嘔吐したことは何度もあります。二日酔いになって学校や仕事をサボったこともあります。酷いときは急性アルコール中毒で倒れました

お酒は本来、楽しいものでなければなりません。飲んでいる時だけでなく、飲んだ後も良い思い出として残るようにするべきだと思います。

この記事では、よりお酒を楽しむために『二日酔いにならないお酒の飲み方』『酔いにくいお酒の飲み方』についてお話しします。

お酒を飲んでやらかしてしまうことが多い人は、是非ともお読みください。

二日酔いにならないお酒の飲み方とは?

 

空きっ腹で飲まない

空腹でお酒を飲むと、アルコールの吸収スピードが早まり血中のアルコール濃度が急激に高くなり酔いやすくなります。

何でも良いので胃に食べ物を入れておけば、アルコールの吸収を妨げることができ、酔いにくくなります。

空きっ腹でお酒を飲み始めるのは禁止です!

 

ゆっくり飲む

お酒を急激に飲むと、血中のアルコール濃度が急激に高まるので酔いやすくなりますし、非常に危険です。お酒はゆっくり飲みましょう。

 

お水と一緒に飲む

アルコールには利尿作用があり、水分補給をしなければ脱水状態になります。結果、血中の水分も失われてしまうので必然的にアルコール濃度が高まってしまい、酔いやすくなります。

お酒と一緒にお水を飲むことを嫌がる人や、水を出すことを拒否する居酒屋などありますが、日本酒と一緒に飲むお水を『和らぎ水』というように、お酒とお水を一緒にのむことは変なことではありません。酔いやすい方は堂々とお水を飲むようにしましょう。

 

酔いにくいおつまみを食べる

肝臓の働きを助け、酔いにくくしてくれる成分がタンパク質です。

おつまみの代表格で、たんぱく質の豊富に含まれているものといえば「枝豆」です。

他にも肉類魚介類は、お酒のおつまみに最適と言えます。

また、『トマトを食べると血中のアルコール濃度が低くなる』研究結果がありますので、二日酔い対策としておつまみにトマトを食べたり、飲む前にトマトジュースを飲むのも良いでしょう。

 

運動後は飲まない

運動後は、心拍数があがり血液の循環が良くなっているのでお酒が回りやすくなります。また、筋肉が疲れた状態ではアルコールの代謝も遅くなってしまうので、運動後の飲酒には十分注意してください。

 

飲んだ後もお水を飲む

お酒を飲み終わった後も、積極的にお水を飲みましょう。脱水状態にあると血中のアルコール度数が高まり二日酔いの原因にもなります。

飲酒後にお風呂に入る人もいますが、お風呂で発汗することにより脱水状態になってしまうこともあるので、入浴前後にしっかりお水を飲みましょう。

 

ちなみに、「牛乳などの脂肪分を摂ると胃に膜ができてアルコールの吸収が遅くなる」という話がありますが、この効果自体は間違いのようです。胃をコーティングして保護してくれる効果はありますが、アルコールの吸収を遅らせるような効果はありません。

 

お酒に酔う・二日酔いになる仕組み

お酒に酔ってしまう仕組みを簡単に解説しておきます。

摂取したアルコールは肝臓で分解されるのですが、一気に分解してくれるわけではなく、分解しきれなかったアルコールは血液によって全身に行きわたります。これが脳まで辿り着くと、フラフラしたり、呂律が回らなくなったりします。

血液中のアルコール濃度が高いほど、酔っている状態です。水を飲むことも、肝臓の活性化させることも、血液中のアルコール濃度を下げることが目的になります。

 

二日酔いは、アルコールを分解する過程で発生するアセトアルデヒドの血中濃度が高まることが原因です。とはいえ、肝臓の働きを活性化させる、水分を摂取するという対策は同じですね。

 

酔いにくいお酒、おすすめは「レッドアイ」

お酒に弱い人の為に『酔いにくいお酒』を紹介します。

個人的に超おすすめなのがレッドアイです。レッドアイとは、ビールベースのカクテルで、ビールをトマトジュースで割ったモノになります。

ビールのアルコール度数は平均で5%なので、ワインや焼酎と比べてかなり低いです。苦みが嫌で敬遠する方も多いですが、実は酔いにくいお酒なのです。トマトは前述したとおり、血液中のアルコール濃度を下げる効果があると研究で証明されています。『酔いにくいお酒』と『酔い難い食べ物』の組み合わせなのです。

また、レッドアイの知名度はそこまで高くなく、お酒に弱い人にやさしいお酒だとは認識されていないことが多いです。可愛い感じのカクテルを頼むと嫌がる人もいますが(何を飲もうが人の勝手なんですけどね…)、レッドアイは名前にも迫力がありますしオシャレなので遠慮なく頼むことができます。(※個人の感想です)

唯一の問題は、ビールもトマトジュースも味に癖があり、レッドアイを「まずい」と感じる人が多いことです。しかし、甘くて飲みやすいカクテルは飲みやすいが故に飲みすぎてしまうことも多いので、「飲みにくさ」も酔いにくさを考えれば長所ではないかと思います。お家でもビールとトマトジュースがあれば簡単に作れますので、興味のある方は試してみてください。

ちなみに僕は、レッドアイとビールをジンジャーエールで割ったシャンディガフをよく飲んでいました。

 

まとめ:無理に飲まない、飲ませない

お酒を飲む前は、必ず何か食べておきましょう。お酒は水と一緒にゆっくり飲み、おつまみは「枝豆」をはじめとするタンパク質の豊富なものを食べましょう。お酒に弱い人はレッドアイを注文してチビチビのむことがおすすめです。飲酒後も水分の補給は忘れないようにしましょう。

特に、水と一緒にお酒を飲むことは重要だと思います。これをやっている人はあまりいませんからね、お酒に弱いと自覚している人ほど取り入れて欲しいです。

逆に、アルコール度数の高いお酒を飲んだり、一気飲みをしたり、水分を一切取らないような飲み方は非常に危険です。恐ろしいことに、このような飲み方を強要するような人もいます。アルコールは無理に飲まない、飲ませない、ということを徹底して守ってほしいと思います