数学は中二で卒業しました

ぬらひかるのブログ、略してぬらブロ

nurablo

電気シェーバー(髭剃り)から悪臭がしたときの対処方法

f:id:nurahikaru:20190714205518j:plain

2年近く使っている電動シェーバーから悪臭がするようになりました。

恥ずかしい話ですが、これまで本格的にシェーバーの掃除をしたことはありません。

臭いが出るほど不衛生なシェーバーを肌に触れさせるのも気持ち悪いですし、本格的に綺麗にすることにしました。

この記事では、実際に行い電動シェーバーの悪臭を除去した掃除方法を紹介します。

 

 

シェーバーの掃除方法

f:id:nurahikaru:20190706115217j:plain

現在使用中の回転式シェーバー

 

重曹水に浸けて数分おく

シェーバーを分解して重曹を溶かした水に浸けます。

 

まず、シェーバーを分解。

僕が使用しているのは回転式の電動シェーバーです。

経験上、往復式でも回転式でも分解は難しくありません。

 

f:id:nurahikaru:20190714191854j:plain

分解は簡単

 

家に重曹がなじかったので、『セスキ炭酸ソーダ』というものを使用しました。重曹の方が洗浄力はあるので、あるなら重曹の方が良いと思います。

 

f:id:nurahikaru:20190714191933j:plain

重曹よりも水に溶けやすい

 

取扱説明の指示に従って、水にセスキ炭酸ソーダ(重曹)を溶かします。

その中に、分解したパーツを入れて5分~10分くらい放置。

分解したパーツは大きくないので紙コップでも大きさは充分ですね。

 

f:id:nurahikaru:20190714192126j:plain

水洗い可なので本体の頭もつっこむ

 

ブラシで細かい髭カスを処理

重要なのが、ブラシを使ってしっかりと髭クズを処理することです。

悪臭の原因は、この髭クズにあります。

細かいところにへばり付いていることが多いので、満遍なくブラッシングします。

 

f:id:nurahikaru:20190714192352j:plain

外刃の裏側は要注意

 

重曹水の中で放置しておくと汚れが浮かんできますが、ほとんど汚れは落ちていないと思った方が良いですね。「綺麗になった」と思っても、髭クズを見逃せばそこから異臭が漂ってきます。

 

最後は水で洗い流して終了

最後は水で洗い流し、直射日光を避けた風通しの良い場所でしっかりと乾燥させます。

たったこれだけで、シェーバーから悪臭はなくなりました。

髭クズがなくなったことで、シェーバーの動きもスムーズになった気がします。

 

基本的には1~2週間に1回?

この掃除を毎日するのはさすがに面倒だと感じます。

休みの日にやる程度、1週間~2週間に1回程度で充分ですね。

 

毎日のお手入れ方法

シェーバーの大掃除は時々で充分ですが、毎日のお手入れは必ず行いましょう。皮脂や髭クズは確実に溜まっていきますからね。

ただ、そこまで手の込んだことは面倒なので、僕は手軽に済ませるようにしています。

 

 

使用するのは、プッシュ式の泡石鹸です。写真は洗顔用ですが、ハンドソープなどでもOK。泡になって出てくるタイプの方が圧倒的に楽です。

 

f:id:nurahikaru:20190607145518j:plain

ワンプッシュで泡が出てくる

 

  • シェーバーの外刃に泡を乗せてスイッチを入れる
  • 水で洗い流す
  • 風通しのいい場所で乾かす

 

f:id:nurahikaru:20190714195302g:plain

スイッチを入れると泡が吸い込まれていく

 

たったの3ステップで完了です。

宿泊先などでは乾燥させている時間がないので、パーツを分解しタオルで水分を拭き取ったあとドライヤーで乾かします。濡れたまま放置しておくと悪臭がするのでしっかり乾かします。

 

シェーバーを綺麗にして良かったこと

2年以上、手入れを怠ってきたシェーバーにはいくつかの問題点がありました。

手入れをするようになってから問題は全て解決しました。 

 

  • 悪臭がなくなった
  • シェーバーの動きが軽くなった
  • 髭剃り後に肌荒れしなくなった

 

特に肌荒れは大きく改善しました。

髭剃り後に毛嚢炎が出来るようになってかなり困っていたのですが、シェーバーを掃除するようになってから改善。原因はシェーバーの汚れ(雑菌)だったのでしょう。

毛嚢炎に関しては、以下の記事で解説していますのでお時間があればお読みください。

 

 

電気シェーバは手軽だからこそ丁寧な手入れを

一般的なカミソリと違い、電動シェーバーの刃は1年~2年で交換する場合がほとんどです。頻繁に買い替える必要がないので楽であることは間違いありません。

しかも、基本はドライシェービングなので洗面所にいかなくとも剃ることができます。会社や車の中で剃る人もいますよね。推奨はしませんが、どこでも気軽に髭を剃れるのが電気シェーバーの魅力です。

この気軽さゆえに手入れを怠ってしまう人が僕を含め多いのではないかと思います。

「やらなきゃいけない」と分かっていても、つい先延ばしにしてしまう。

不潔なシェーバーは異臭を放ったり、肌荒れの原因です。

雑菌だらけのシェーバーを肌に擦りつけるなんて嫌ですよね。

毎日の身だしなみに欠かせないアイテムだからこそ、手入れは頻繁にして、清潔を保ちたいモノですね。