ぬらブロ|ミニマリズムで最幸を目指す

ミニマリズムを駆使して人生で最も幸せなとき(最幸)を目指す新米ミニマリストのブログ

KUDARAN

【雑学】世界で最も競技人口の多いスポーツは、バスケット?チェス?

f:id:nurahikaru:20151215121316j:plain

ども、スポーツ大好きぬら ひかる(@hikaru_nura)です。

皆さんは世界で最も競技人口の多いスポーツが何か知っていますか?

サッカー? 野球? 日本人であればこの辺りの回答が多くなってくると思います。

しかし、残念ながらどちらも正解ではありません。

実は、意外すぎるスポーツが競技人口1位なんです。

競技人口が最も多いスポーツとは?

正直なところ、競技人口と言うのは何を基準にするかで大きく数が変わってきます。

例えば、「ウォーキング」をスポーツとみなすのであれば、日本国内で最も競技人口が多いのはウォーキングになってしまいます。

他にも、プレーできる人口が多いのか、連盟に加盟している人数が多いのかでも競技人口は大きく変わってきます。

 

競技人口ランキング

基準をどこに置くかで数値が変わってくる競技人口ですが、一般的に言われている競技人口ランキングを引っ張ってきました。その順位がこちら。

  1. バスケットボール(4億5000万人)
  2. サッカー(2億5000万人)
  3. クリケット(1億数千万人)
  4. テニス(1億1000万人)

参考:競技人口が最も多いスポーツ | ブックカフェ読書会東京

バスケットが1位なのは意外に感じるかもしれませんが、女性プレイヤーの多さが一因のようです。日本でも、バスケットの競技人口はとても多いですね。
この数字で行くと、世界で最も競技人口の多いスポーツは、バスケットボールということになります。

 

3位のクリケットは推定

このランキングを見てバスケット以上に「えっ?」と思うのは3位のクリケットだと思います。日本では馴染みのないスポーツですね。

類似する競技として『野球』がありますが、ヨーロッパではクリケットの方が圧倒的に普及しています。英語の教科書にも出てきますよね。

ただクリケットの競技人口は、「人口が12億万人もいるインドで人気なのだから競技人口も多いはず」という推測で出された数字らしいので、かなり曖昧なんです。

競技人口云々の話は、かなりいい加減な部分もあるのでアテにはなりませんね。

 

競技人口の最も多いスポーツはチェス!?

f:id:nurahikaru:20151215121337j:plain

皆さんは、将棋・囲碁・チェスなどを何と捉えていますか?

多くの人が「ゲーム」と考えていると思います。間違いではありません。

しかし、世界的にはこれらも立派なスポーツと考えられています。

 

マインドスポーツ(頭脳スポーツ)

日本では認識が低いのですが、スポーツにはフィジカルスポーツ(例:野球・サッカー)とマインドスポーツ(例:将棋・チェス)という種類があります。

参考:マインドスポーツ - Wikipedia

先ほど述べた将棋・囲碁・チェスは、マインドスポーツに分類されるのです。

 

チェスは世界で最も普及したマインドスポーツ

マインドスポーツの代表格は間違いなくチェスでしょう。

日本には将棋があるので普及はしていませんが、世界的に見ればチェスの普及率は非常に高いのです。

しかも、チェスは列記としたスポーツとしてIOCにも認められており、国際チェス連盟への加盟国はサッカーと並んで他のスポーツを凌駕しています。

チェスは立派にスポーツとして認められているのです。

マインドスポーツをスポーツとして認識していない日本のほうが『稀な存在』と言えるかもしれません。

国際チェス連盟の憲章には「チェスはスポーツと科学的思考と芸術の諸要素による最も古い歴史を持つ知的文化的競技である」書かれています。また1999年の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、世界のメジャースポーツ30種の中に加えられ、国際チェス連盟はIOC加盟団体となりました。

引用:JOC - 競技紹介

チェスのルールと制度は世界共通。世界統一組織としてチェス連盟FIDEが有り、IOC及びUNESCOからスポーツ国際組織としての承認を受けている。FIDEはオリンピックスポーツ各種団体の集まるスイス・ローザンヌ市に本部を置き、加盟国の数の多さではFIFAサッカーにならんで他のスポーツに大差をつけている。

引用:チェスは考えるスポーツ

 

チェスの競技人口はバスケを上回る7億人!

チェスの愛好者(競技者)は約7億人と言われています。世界で最も親しまれているゲームの1つですから、当然といえる数字です。

参考:チェス - Wikipedia

ここで思い出してください。

競技人口が最多とされるバスケットボールの競技人口は4億5000万人でした。

チェスは、立派なスポーツで競技人口は7億人と言われています。

 

世界で最も競技人口の多いスポーツはチェスなのです。


 

日本人の感覚では意外すぎる答えですよね。

 

最も競技人口が多いのはチェス!

f:id:nurahikaru:20151215122146j:plain

もちろん、「マインドスポーツとフィジカルスポーツを混ぜて考えたらダメだろ!」という意見はあります。また、基準1つで大きく順位は入れ替わりますし、クリケットのように曖昧な数字が多いことも事実です。

しかし、今回のエントリーで覚えておいて欲しいのは、『マインドスポーツ』というスポーツのジャンルが存在すること、マインドスポーツの代表格であるチェスはIOCにも加盟している立派なスポーツであるということです。

日本はマインドスポーツが浸透していなかったり、チェスよりも将棋が普及していたり、世界的には普及していない野球が大人気だったりと、独特なスポーツ文化を持っていることになります。世界に目を向けるだけで、日本の見え方も違ってきます。

今回のエントリーを1つの豆知識として覚えておいてくれたら嬉しいです。

世界で最も競技人口が多いのは、サッカーでも野球でもなくチェス(もしくはバスケットボール)です!!これ、マメ(豆知識)なっ!