ぬらブロ

人生を少しだけ明るくするような情報をお届けするブログ

「歌が上手い」と言われる歌手の、歌唱力がわかる動画を並べてみた

f:id:nurahikaru:20160114211230j:plain
年末の紅白歌合戦を見ながら、「一番、歌が上手いアーティストは誰なのか?」という陳腐な疑問を思い付いた。

僕は音楽に関して素人なので、ヴォーカルの良し悪しを判断することはできないが、以前『水曜日のダウンタウン』という番組でミキサーやボイストレーナーなど音楽に携わる方々の投票で選んだ「歌が上手いアーティストランキング」を紹介していたことがある。

このエントリーでは、番組内のランキングを参考に、歌が上手いアーティストの歌唱力がよく分かる動画を紹介したい。

日本を代表する実力を持ったアーティストの歌声を聴くことで、「歌が上手いってのはこういうことなのだ」と、感覚的に理解できるのではないだろうか。

本当に歌が上手い人ランキング

番組で紹介されたランキングは以下の通り。

10位 布施明(5票)
 8位 EXILE・ATSUSHI(6票)
 8位 井上陽水(6票)
 7位 福原美穂(7票)
 6位 宇多田ヒカル(8票)
 5位 吉田美和(10票)
 4位 夏川りみ(13票)
 3位 Superfly(15票)
 2位 久保田利伸(18票)
 1位 玉置浩二(25票)


参考:【エンタがビタミン♪】玉置浩二が“本当に歌が上手いランキング”でダントツ1位。一部では「普通に歌って欲しい」と要望も。 | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

 

布施明

  • 日本人に無いタイプ。声の強弱を機械に頼らず、自分の発声で調整しても不快感がない。
  • 説明不要の上手さ。

動画は2017年の物である。30年以上前の曲なのに全く衰えていないのは、日頃の鍛錬の成果か。

 

ATSUSHI(EXILE)

  • 中音域から高音域にかけて優しい声
  • 口腔内、口の中の響かせ方が上手い
  • 多くのステージを経験したが、すごいと思ったのはこの人だけ
  • ステージで動き回ってもブレない歌唱力

インスタライブでの一幕。カラオケでもこのクオリティ。

 

井上陽水

  • 余韻が残る、体にしみ込む声
  • 力強くてエロティックで上手い下手を超越している

 

福原美穂

  • 喉の使い方がすごく上手い
  • 生歌のクオリティはピカイチ
  • 音のピッチが正確で、ビート感も日本人離れ
  • 声量があり、海外で通用する

 

宇多田ヒカル

  • 彼女しか出せない声質の魅力
  • 歌でリズム感を演出する。グルーヴがあり、聞いていると乗せられていく
  • マイクを通さずとも通る声
  • 日本人が好きな切なさがある

MCからの歌い出しが圧巻。CDが流れたのかと思った。ファンによると、生歌がCDのクオリティを越えることがあるらしい。

 

吉田美和

  • 高音のハリがすごい。
  • 無理もなくどの音も出しており、表現力が素晴らしい。
  • 声量、ピッチの安定感。エネルギー溢れるライブパフォーマンス。
  • CDと変わらぬパワフルボイス
  • 数々のテクニックを1曲で聞かせる。

歌が上手くなるコツは、好きな歌を100万回聞いて100万回真似することらしい。

 

夏川りみ

  • キレイなハイトーンだが、ちゃんと芯があって聞きやすい。
  • 透き通ったキレイな声。
  • マイクを選ばない声質と歌唱力。

子供の頃、その歌唱力で喉自慢大会を荒らしまわっていたらしい。

 

Superfly

  • 高い声でもしっかり太い声が出ている。
  • 小さい体からあれだけの声量が出るのはものすごいこと。
  • バンドに負けない力強さと安定感。
  • 声が伸びやかで前に出る。太く奥行き感がある。

 

久保田利伸

  • 日本のR&Bというジャンルの先駆け。歌の中でリズム感を上手く出せる。
  • リズム感が日本人離れしている。
  • 黒人のようなグルーヴ感。
  • 1つ1つの音の捉え方が素晴らしい。

「歌います」がカッコイイ。

 

玉木浩二

  • 歌に感動させる力がある。
  •  ロングトーンがすごく安定して伸びがよい。
  • 言葉の伝え方が日本一」、「並外れた歌唱力。
  • リズムの正確さと歌に余白がある。遊び心がある。
  • CDと生歌の声が同じ。修正がいらない。
  • 「世界観が素晴らしい。

普通に歌ってくれ!! おそらく技術がありすぎて見せびらかさずにはいられないのだ。ただただ圧倒的。

 

本当に歌が上手い人の生歌はCD以上の価値がある。

逆に、CDと生歌がかけ離れているアーティストには痛々しさを感じてしまう。

CDの売り上げが減少している昨今、CD以上の価値を提供できるアーティストこそが生き残っていけるのではないか。