ぬらブロ|ミニマリズムで最幸を目指す

ミニマリズムを駆使して人生で最も幸せなとき(最幸)を目指す新米ミニマリストのブログ

KUDARAN

浮気・不倫を絶対にされない有名アプリの使い方|オリラジ中田『俺の持論』

f:id:nurahikaru:20190120205037j:plain

浮気や不倫のニュースが異常に多い現代。「浮気や不倫なんてどうでもいいよ」と飽き飽きしている人も多いのではないでしょうか?

でも、「浮気や不倫をされたいですか?」と問われれば、ほとんどの人が「されたくない」と答えると思います。

「浮気や不倫をされない方法がある」と言われたら、「知りたいな」と思いませんか?しかも、お金も掛からずスマホ1つでデキるとしたら……ますます興味が湧いてきますよね。

そんな方法を、「俺の持論」という番組で、オリエンタルラジオの中田さんがお話していたのですが、あまり知られていないようなので、この記事で紹介したいと思います。

浮気・不倫を防止する方法

この方法は、お金もかからなければ特殊な道具も必要ありません。

必要なのは、スマートフォンと皆さんが良く知っているアプリです。

 

居場所の共有

f:id:nurahikaru:20190120204417p:plain

行うのは、『Googleマップ』を使用した居場所の共有です。

GPSにより共有した相手がいまどこにいるのかをマップ上に表示してくれるサービスです。この機能は、iPhoneでもAndroidでも使用することができます。

手動でオン・オフを切り替えることもできますし、時間限定で共有することもできますので、どうしても都合の悪いときは共有を解除することも可能です。

これがあれば、彼氏・彼女、旦那さん・奥さんが今どこにいるのか、一瞬で知ることができますね。

 

スケジュールの共有

f:id:nurahikaru:20190120204435p:plain

『Googleカレンダー』を使ってスケジュールを共有しておけば、お互いの予定を把握することができます。もちろん、Googleカレンダーに拘らず、スケジュールを共有できるアプリであれば構いません。

位置情報とスケジュールの共有をしておけば、相手が今どこで何をしているのか?をかなり正確に把握することができます。これだけで、浮気や不倫はしにくい状況になりますよね。

例えば、今日は友達と旅行の予定なのに、マップを見たら街中のホテル街にいた。怪しいとすぐに気が付きますよね(笑)

技術的には、非常に簡単に浮気や不倫を防止することができてしまうんです。

 

でもこれって…監視や束縛じゃないの?

ここまで読んでいて、もしかしたら、嫌悪や恐怖心を抱いた方もいるかもしれません。

「四六時中、相手のことを監視して浮気をしていないかチェックするのか」「そんな生活が本当に楽しいのか?」「浮気や不倫をされない以上に大切な何かを失っているんじゃないか?」と。

その通りです。相手を監視し束縛するような人生は、決して幸せなモノではありません。しかし、考えてみてください。忙しい日常の中で、よほど相手を疑っていない限り、頻繁に位置情報を確認するでしょうか? おそらくほとんどの人が、そこまで見ないと思います。

でも、見たくなってしまうときがありますよね。例えば、9時に待ち合わせをしているのになかなか彼氏が来ない。「何やってるんだろう?」と心配になった。相手の位置情報を確認すると、道路上に表示された。「車で向かってるな。少し混んでいるのかな?」と相手の状況を想像することができます。

位置情報を共有しておくと、相手の状況を聞かずに知ることがでいるんです。とっても便利なんです!! これを利用しない方が、本来は不自然なのです。この便利さの副産物として、浮気・不倫ができない抑止力が存在します。決して、相手を束縛したり監視したりすることだけが目的ではないのです。

 

抑止力の本当の意味

この方法は、日常生活で使える便利さがあるのに加えて、浮気や不倫を抑止する『抑止力』を持っています。とは言っても、監視されている気がして気分が悪い、見られているようで気持ち悪い、と思う人がいるかもしれません。その気持ちは分かります。

しかし、『抑止力』というものは、相手の自由を奪うモノではありません。日常的に使うことで、普通の人の安全性を確保するのが抑止力の本当の意味なのです。

例えば、最も身近な抑止力の1つに『防犯カメラ』があります。この防犯カメラ(抑止力)を、あなたは不快に感じますか? 「あのコンビニはカメラがあるから行かない!」と言う人を見たことがありますか? ありませんよね。日常にある抑止力を「気分が悪い」と思う人なんてなかなかいないのです。

でも、抑止力を窮屈に感じてしまう人もいます。それは誰か? 加害者目線を持っている人です。「強盗してやろう」「万引きしてやろう」と思っている人は、防犯カメラを強く意識します。

浮気をする疚しい気持ちのある人からすれば、位置共有は窮屈に感じるかもしれません。しかし、そうでない人からすれば、窮屈に感じることはなくただの便利な機能でしかありません。浮気されることを恐れている人からすれば、安心できる素晴らしい抑止力です。

どうか、位置情報の共有に怯えないでください。何も怖い事ではないのです。あなたが本当に、浮気や不倫をしない人であれば、邪魔に感じることは一切ないのですから。

 

それでも浮気や不倫をするやつ

この方法を紹介すると、「位置共有とか生理的に無理だわ」とやたら拒絶したり、「嘘のスケジュールを共有しておけばよくね?」「浮気しているタイミングで共有をオフにしといたらいいじゃん」と抜け道を考える人がいます。

ハッキリと言って、そういう考えを抱く人は、浮気をする奴です。

位置情報を共有することは、相手を監視して束縛することではありません。いざというときに相手の状況を知ることができる便利な機能を使いながら、浮気や不倫を抑止するということなのです。

この機能が徐々に浸透して、有効活用される日がくると思います。そうなったとき、副産物として浮気や不倫で心を痛める人が減るかもしれませんね。