ぬらブロ|楽に生きたいだけ

楽を生きるために「楽」を追求する情報ブログ

nurablo

彼氏・旦那の浮気を見破る方法。スマホや財布などをチェックしよう!

f:id:nurahikaru:20160107001001j:plain

浮気調査依頼の男女比は半々。あるアンケートでは、男性で2割以上、女性では3割以上が「浮気をした経験がある」と回答している。『浮気=男性』のイメージが強いが、女性の浮気も珍しくはないのだ。

とはいえ、男性の方が比較的軽い気持ちで浮気をする傾向にある。浮気をした人の比率は同じでも、パートナーの浮気に悩んでいる人は女性の方が多い。

この記事では、彼氏や旦那さんが浮気をしているかどうかをチェックする方法についてまとめたので紹介する。つまりパートナーの浮気に悩む女性向けである。

このエントリーをキッカケにパートナーが浮気をしていないかチェックして欲しい。

 1.携帯電話をチェック

浮気の決定的証拠を掴むキッカケになるのが携帯電話。プライバシーが詰まっているので携帯電話の扱い方を見ることで隠し事を見破ることができる。

 

携帯電話を手放さなくなった

無造作に放置されていることの多かった携帯電話を、肌身離さず持つようになったら何か隠し事をしている証拠。

トイレ、コンビニ、タバコなど些細な用事でも携帯を持っていくようになったら浮気をしている可能性が高い。

 

メール(LINE)の内容を聞くと返事が曖昧

携帯をイジっている最中に、「誰から?」と聞いてみるよう。返事が曖昧だったら浮気相手と連絡をとっている可能性が高い。

また、「○○さん!」と即答した後、聞いてもいない内容までベラベラ喋りだしたら嘘を疑ってもいい。人は嘘をつく時、より多くの情報を喋って嘘を隠そうとようとするのだ。

 

携帯を覗き込むと怒る

パートナーが操作中の携帯電話の画面を覗こうとしたとに、相手が怒るようなら、見られたくない何かがある証拠だ。

今まで、同じような場面で怒ることがなかった場合、浮気をしている可能性が非常に高くなる。

 

2台目の携帯電話を持っている

2台目の携帯電話を所有しており、その存在を隠していたのなら、その携帯は間違いなく浮気相手用だ。 他に内緒で2台目を持つ理由が見当たらない。ほぼ確実に浮気と見ていい。

 

携帯を見ることはおすすめしない

携帯電話の中身を覗くことができれば、メールやLINEの履歴が浮気の決定的な証拠になる。

正直、これが一番手っ取り早い。

しかし、必要以上の現実を知って傷ついたり、罪悪感に苛まれるなど、覗く側にもデメリットは存在する。

浮気チェックの為とはいえ、携帯電話を覗く行為はおすすめできない。やるならば、相応の覚悟を持とう。

 

2.容姿・様子の変化

 

ファッションに気を使うようになった

急に容姿に気を使い始めた。そんな時は、他に親密な人がいるサインだ。

下着がオシャレになった時は、特に浮気を疑っていい。

 

イベントや映画の情報に詳しい

イベントや映画などデートスポットに詳しくなったら他の誰かとデートを繰り返している証拠。

一緒に見ていない映画の内容を語りだすなど、明らかなボロを出すこともあるかもしれない。

 

人付き合いが多くなった

頻繁に飲み会に参加したり、会社の同僚や昔の同級生と関わる回数が増えてきたら要注意。浮気相手と会っている可能性が高い。

浮気を隠す嘘として「飲み・遊び」は定番。

 

帰宅後すぐにシャワーを浴びるようになった

帰宅直後にシャワーを浴びるのは、浮気相手の匂いを消すためだ。

逆にシャワーを浴びなければ、匂いから浮気を疑うことができる。

浮気は嗅覚で疑おう。

 

普段聞かない歌を口ずさむようになった

世代にマッチしない曲や、普段聞かないような曲を口ずさむようになったら浮気相手の影響を受けている可能性が高い。

 

電話をしても出ない

「今日は飲み会だから」「残業だから」と言って帰ってこない夜は、電話をかけてみよう。出なかったり、折り返しがないようなら、浮気相手と会っていて電話できない状態の可能性が高い。

仕事中に掛かってくるパートナーからの電話なら緊急の用事なのではないか? と普通は折り返し連絡を入れるはずだ。

 

3.給与明細のチェック

浮気を疑うなら給与明細も確実にチェックしておきたい。仕事も浮気を隠す嘘の定番だからだ。

謎の早退や休暇はないか? 残業が多いなら、その通りの残業手当は出ているか?

給与明細を見て辻褄が合わない場合、「仕事」の時間に浮気していることを疑うべきだろう。

 

4.車をチェック

f:id:nurahikaru:20160107001244j:plain

 

カーナビの履歴

カーナビの履歴を見ればどこに行ったかが丸わかりだ。身に覚えのないデートスポットが履歴に残っていたら浮気を確信しても良い。

 

助手席の位置が違う

普段、自分しか助手席に座らないのなら微妙な位置の違いにも気づけるだろう。 これだけでは助手席に浮気相手を乗せていると断言できないが、「最近、誰か乗せた?」と質問することでパートナーの反応を伺うことができる。

 

車内をよく掃除している

以前までと比較して、頻繁に車内を掃除するようになったら怪しい。浮気相手の痕跡(髪や匂い)を気にしている可能性が高い。

 

小物が増えた

浮気相手が女性の場合、車内にウェットティッシュなどの小物が置かれているかもしれない。芳香剤や消臭剤が置かれるようになったら浮気のサインだ。

 

5.財布の中身をチェック

 

レシート等をチェック

財布には個人情報が詰まっているが、鍵をかける人は少なく警戒心が薄い。

受け取ったレシートやサービス券をお札と一緒に入れておく癖がある人も多いだろう。パートナーのお財布から、見覚えのないレストランや遠くのコンビニのレシートが出てきたら浮気を疑うべきだ。

ホテルのレシートや避妊具を購入したレシートなど、決定的な証拠が出てくる可能性もある。

 

お札の番号を控える

財布の中に入っているお札の番号を控えることで、お金を使ったかどうかを知ることができる。

「残業だった」と言っていたのに、財布からは2万円以上減っている場合、その残業は嘘の可能性が高い。

お札の枚数を確認しておくだけでは銀行から下ろした場合に分からなくなってしまうので、面倒だが番号も控えるほうが確実だろう。

浮気をする人の多くは現金を使う傾向にあるので、クレジットカードを使われる心配はない。明細や履歴が残ってしまうからだ。

 

番外編「ゆさぶりをかける」

 

寝起きに一発

浮気をしているパートナーが最も警戒するのは、携帯電話を見られることだ。この心理を利用して相手の反応を伺うことが浮気を見破る有効な手段になる。

方法は簡単。寝起きのパートナーに、「携帯みちゃったんだけど…」と言うだけでOK。実際に見る必要はない。 相手にやましいことがある場合、この一言で急激に目が覚めるだろう。目を見開いて驚いた顔をするかもしれない。急に怒り出すかもしれない。そのような変化を見逃さないよう、じっくりと観察をしてみる。 反応を見たあとは、「嘘だよ」と言ったり、「あの壁紙かわいいね」など適当な言葉で誤魔化しておこう。

 

浮気が疑わしい翌日に一発

「昨日、友達の○○がアナタを見たって言ってたよ」 浮気が疑わしい夜の翌日、こう話しかけてみよう。

人はやましいことがあり不安な時は、確認をとらずにはいられない。 昨日の行動を知られたくなければ、「何時? どこで?」と詳しく聞いてくるだろう。

何もやましいことがなければ、「へぇ、そうなんだ」で済ませるはずだ。やたら細かく確認しようとしてきたら、少なくとも「隠し事がある」と判断していい。

 

浮気を見破るなら日々の変化を見逃さないこと

浮気をしている場合、生活のあらゆる部分で変化・違和感が生じてくる。それを見逃さないことが浮気を見破るコツと言っていい。

いつも会社から直行で帰宅する旦那さんの帰りが遅くなったら、「浮気しています」と言っているようなものだ。(これは分かりやす過ぎるが…) 普段の生活を知っていればいるほど、パートナーの変化に気づきやすくなるので、同居をしていると浮気を隠す難易度は高いことになる。

 

浮気を確信しても決定的な証拠が出るまで問い詰めてはいけない

浮気の可能性が高かったとしても、決定的な証拠がなければ相手を問い詰めてはいけない。うまく誤魔化されたり、逆ギレされたり、証拠を隠されてしまうからだ。

こうなると話が進まず、状況が悪化することになる。決定的な証拠を持たずに相手を問い詰めるのは悪手なのだ。

確信に近い疑惑を持ち、パートナーの浮気を暴く覚悟がある場合のみ、興信所の利用をオススメする。プロの力を借りて浮気の決定的証拠を掴んでしまえば、その後の展開(離婚・慰謝料など)でも有利になる。

「大げさな事はできない」と躊躇してしまうかもしれないが、相手を疑い続けることは思っている以上に精神を消耗する。浮気しているであろう相手との日々は、大きなストレスになるだろう。実際に、浮気を疑い続け誰にも相談できないまま、心と体の調子を崩してしまう人は多い。

なかなか踏み出せない人のために、電話・メールでの無料相談サービスも用意されているので、悩んでいるのなら迷わず利用しよう。

浮気は、アナタを傷つける。パートナーの身勝手な行動でアナタが苦しむのなんてバカバカしい。発覚次第、許す必要はないのだ。