ぬらブロ

人生を少しだけ明るくするような情報をお届けするブログ

『湯シャン』って実際どうなの?経験者が語る『脱シャンプー』の現実

f:id:nurahikaru:20190106210449j:plain

『髪』は、人の印象を決めるうえで大きな役割を果たします。故に多くの人は、髪の毛及び頭皮を気にしながら生きています。「健康で美しい髪を保つにはどうすればいいか?」は、全世代共通の関心事と言っても過言ではありません。

そんな中、『湯シャン』という美容法が話題になったことがあります。シャンプーを使わず、お湯だけで髪や頭皮を洗うことで、美しく健康な髪と頭皮を手に入れられると言うのです。

筆者はこのような美容法が大好きなので、すぐに湯シャンを実践しました。ネット上で様々なノウハウをかき集めて、試行錯誤しながら湯シャンを研究しました。トータルで言えば、1年以上湯シャンを実践しました。

この記事では、実際に僕が体感した『湯シャンの現実』についてお話しします。

湯シャンって実際どうなのよ? と思っている方は是非ともお読みください。

ちなみに、現在の僕は毎日シャンプーを使っています

 

湯シャンって実際どうなの?

結論から言うと、僕は『湯シャン』を他人におすすめすることはしません。理由は、得られるメリットよりもデメリットの方が圧倒的に大きいからです。色々な効果が語られていますが、実際にはほとんんど効果を感じることはできませんでした。

頭皮の皮脂分泌量は他の部位と比べて「3倍以上」とも言われています。しかみ、髪の毛があるので蒸れやすく汗もかきやすい部位です。顔や体と比べて頭皮は勝手が違います。水洗顔(脱洗顔料)やタモリ式入浴法(脱ボディーソープ)を実践している僕でさえも、「頭皮だけは別物」という結論にたどり着きました。

 

最大のデメリットは『臭い』

湯シャンは、得られるメリット以上にデメリットの方が大きいのです。最大の問題となるのは『臭い』で間違いありません。髪のベタつきなどは徐々に改善していくのですが、臭いだけは増すばかりで、座った状態から立ち上がるだけで悪習が鼻を衝きました。

どうしても我慢できなくなりヘッドスパを受けに行ったのですが、臭いは落ち切らず、毎日シャンプーをするようになってから1か月以上が経過してようやく気になるほどの臭いは無くなりました。

ヘッドスパを受けたときに美容師さんから聞いた話なのですが、20~40代の男性は皮脂の分泌量が多いので、シャンプーをした方が圧倒的に頭皮環境を清潔に保てるそうです。「できることなら2度洗いをしてほしい」と言っていました。

ちなみに、僕の父親は昔から1週間に1度しか髪の毛を洗わないのですが、僕が子供の頃、つまり父親が30~40代だった頃は枕カバーが皮脂汚れで変色しており、常に臭い状態でした。

「湯シャンも続けていれば臭いも問題なくなる!」と言う人がいますが、湯シャンと臭いは切っても切り離すことのできない関係であると断言できます。

もちろん、湯シャンをしつつ頭皮の臭い対策をすることも可能ですが、それならばシャンプーを使ってしまった方が手っ取り早いのではないでしょうか。

 

 

その他のデメリット

湯シャンには他にも様々なデメリットがあります。

僕が体験したものだけを挙げてみました。

 

痒くなる

頭皮が痒くなることは頻繁にありました。湯シャンを続けることで頻度は減っていきましたが、入念に頭皮を洗わなければ痒くなってしまいます。

頭皮が痒いとつい掻いてしまい、傷が出来てニキビなどの肌トラブルも起こってしまいます。掻かずに我慢するのは、正直かなりのストレスです。

 

フケが出る

僕の場合、フケの量は湯シャンをしている時の方が圧倒的に増えました。鏡で頭皮を見ると、フケが溜まっているのがわかります。パサパサとした粉のようなフケです。

シャンプーを使い続けることで消えていきましたが、フケの減少は湯シャンの代表的なメリットの1つなので、逆効果であったことには驚きました。

 

抜け毛が増える?

ドライヤーで髪を乾かしている時に落ちる抜け毛の量や、枕についている毛の量が明らかに増えました。おそらくこれは、シャンプーで髪の毛を洗わなくなったことで抜けた毛が頭に残ったからだと思われます。

シャンプーを続けることで、床や枕に落ちる抜け毛の量は減りました。

 

整髪料が使えない

湯シャンをすると整髪料が使えなくなります。男性でもワックスやジェルを使う方は多いでしょうから、大きなデメリットです。

お湯で落とせるオイル(ココナッツオイルなど)を整髪料代わりに使う方もいるそうですが、ガッチリ固めたいような人には不向きでしょう。

 

時間がかかる

湯シャンで髪のベタつきを気にならないレベルまで落とそうと考えるなら、かなりの時間を要することになります。シャンプーを使用した場合は、すすぎも含めて5分程度ですが、湯シャンでは10分以上時間をかけていました。そうしなければ、髪の毛がベタベタしたり痒みの原因になってしまうからです。

ブラッシングや頭皮の臭い対策なども加えれば、かかる時間はもっと増えると考えられます。湯シャンのメリットに「時短になる」「シャンプー代が浮く」と言う人がいますが、本当に湯シャンを経験しているのか疑問です。

間違いなく時間もかかり、気にしなければいけないことも増え、使う道具も増えます。湯シャンが時短になるというのは大きな嘘です。

 

湯シャンのメリットは多くない

湯シャンのデメリットについて話してきましたが、まったく効果がないわけではありません。少なくとも僕は「髪に艶が出た」と感じることができました。ただ、元々そこまで髪が痛んでいたわけではないので、大きなメリットだったとは言えません。

時短にもならない、フケも増えた、頭皮環境も良くはならない。「臭い」という人間関係にも影響を及ぼしかねないデメリットを考えると、湯シャンで得られるメリットはあまりに小さく感じます。

「髪がどうしようもないくらい傷んでいる」という人であれば、臭い対策を万全にしたうえで手間をかけて湯シャンをする価値はあると思います。そこまで酷くないのであれば、髪に優しいシャンプーを使いトリートメントなどでケアしてあげた方が時間も手間もかからなそうです。

ちなみに薄毛への効果ですが、口コミを見る限りでは「効果が無かった」という声が多いです。湯シャンをすると、少なからず髪の毛がベタっとするので、逆に頭皮が目立ちます。

まぁ、薄毛に関しては「何をしようがハゲる人はハゲる」という話なので、湯シャンにも育毛剤にもあまり期待しない方が良さそうですね(笑)

 

【結論】シャンプーを使った方が楽チン

臭いに代表されるデメリットや手間を考えると、湯シャン及び脱シャンプーは非常にハードルが高いと言えます。僕も実際に、湯シャンから毎日シャンプーをするスタイルに戻してみて、楽さや頭皮の状態の良さを実感しました。

おそらく、湯シャンで効果を感じる人というのは、自分に合わない成分の入ったシャンプーを使っていたり、洗い方が雑だったのではないでしょうか。

湯シャンという難易度の高い方法を選ぶよりも、髪や頭皮に優しい、余分な成分の入っていないシャンプーを探した方が良いと、実際に湯シャンを経験した身としては思います。

それでも脱シャンプーにチャレンジしたいという場合には、シャンプーの頻度を2日に1回程度にするなどして様子を見た方が良いでしょう。僕も皮膚科の先生に勧められて1日おきにシャンプーしていましたが、それでも痒みやフケがでたので、しばらくは毎日シャンプーをすることになりそうです。

この記事が、湯シャンに興味を持った方の参考になれば嬉しく思います。